アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「演劇」のブログ記事

みんなの「演劇」ブログ

タイトル 日 時
チケット精算が終わって
舞台は(私が寡作だからできるのだが)なかなか私から抜けていかない。 単発のアテレコにこんなことはなかったし、シリーズ物だって『ソプラノズ』のアドリアーナみたいに5年も惚れ込んでやって心乗っ取られた役柄は知らず、普通は少し経てば抜けていく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/13 09:31
チケット精算2
30分位で失礼するつもりで、事実精算実務はその位で終わったのだが、 チラシ用に撮った写真をいただくやら、 楽しかったいろんな事や、ひどかったねってこんな事や、 プロデューサーキャスティングを訊いて、それでもやってみたかった、観てみたかったと思ったりとか、 ずっと自分の中で釈然としなかった「あれって私怒って卓袱台返しても良かったんですよね?」な話にそうですよと言って貰って1ヶ月ぶりにスッキリしたりだとか(笑)……ハッと気づけばいつもの稽古終わり位の時間。 長門さんの次の予定が飛んだのを良いことに、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/13 09:29
チケット精算1
チケット精算1 12月舞台の精算に劇場事務所へ伺う。 4ヶ月セリフをブツブツ言いながら通った道を、久しぶりに陽気な女房の歌を口ずさみながら歩く。 いつもベンチでセリフを稽古していた公園にさしかかったら、びっくりするくらいきれいで大きな満月。なんだかうれしくなる。苦しかったけど幸せだった毎日の精算に行くのに、なんだか幸先がいいなぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/13 09:25
シェイリ−ン・ボ−ン 「フィギュアスケ−ト奇跡のレッスン」
シェイリ−ン・ボ−ン「フィギュアスケ−ト奇跡のレッスン」を視た。素晴らしかった。 ここに書くのはむずかしいが、自己表現、開放、演技指導など、いろいろ考えさせられる内容。 子供であっても殻の硬い日本人。受け手がいる表現というものにとって、開くことの大切さ、そして日本人は開くのが苦手な人が多いのだなあということ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/02 12:40
仕事の上でいつも思っていること
自分が呼ばれた意味に応える仕事をして、 できるなら、さらに私ならではのものを付加し、 凜を呼んで良かったと言っていただけるものを作る…… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/26 17:32
ウィンザー総括13 ありがとうございました。
ただ通り過ぎただけだと、なんとなくで流れてしまう経験を言葉にして定着させる。 考える考える考える。こんな大変な思いをしたのだから、それを糧にしなければもったいない。 でもまだここまで頑張れる、ここまでもがける自分であることが少し誇らしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/26 00:33
ウィンザー総括12 あんなことこんなこと
笑いをとるのはむずかしい。演出にも言われたし、ダンさんにアドバイスもらったりしたけど「かごがある」は結局キメられなかった。 でも笑っていただくのは気持ちがいい。ラスト騙されてアクビみたいに口あんぐり開けて、ドクターとともにラグビーに「あっほーあっほー」と言われ笑いがわくと、やったね巴菜ちゃんと心でガッツポーズしたくなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/25 23:27
ウィンザー総括11 無茶な負荷で飛ぶ?
千秋楽に、去年一昨年と劇団大樹で御世話になった演出家の斉藤貴さんが観てくださった。 斉藤さんはワークショップリーダー型演出家とでも言おうか、今回の演出の「先ず言葉を語るありき」というやり方とも、私自身の「読書百編意自ずから通ず」的ひたすら読み込むやり方とも違う、ぶつかり合って何か生まれるのを楽しむような作り方をなさる。 いまだに覚えているのが、リーディングでダンディな黒猫の不動産屋というのをやった時、宝塚男役風のスマートなのをやってみせたら「いいですねー。じゃあ、今度はそれを『タコ社長』でやって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/25 15:17
ウィンザ−総括10 疑似恋愛も、恋は恋
そろそろ終わりにしようと思う。あと2つ位か。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/25 03:02
ウィンザ−総括9 さらに支えて支えられて
支えられたといえば、打ち上げでむかいさんに言っていただいた。 「なかなか稽古来られなかったけど、来たときはせめて隣に座ろうと思ってた。大変そうだったから」 あ、言われてみたらそうだったかも。でも、稽古場では私セリフにいっぱいいっぱいで余裕なくて全然気づいてなかった。すみません。でもうれしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/25 00:04
ウィンザ−総括8 支えられて
で、まるで順調に楽しく何の問題もなく舞台をこなしたような記事になってきているのだが、本当にそうではなくて、 ゲネまでは立ち往生はするは、ノッキング起こすは、テキレジ入るはミザンス変わるはきっかけ増えるは、 綱渡りで本当に大変だったのだ。 芝居が少し肚に落ちてきてからも、千秋楽までその恐怖心を忘れないように舞台に立っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/24 18:53
ウィンザー総括7 30年の時を越えて
ウィンザー総括7 30年の時を越えて お時間を割いてご来場くださるお客様はどなたも本当にありがたいのだけれど、今回私には一人特別なお客様がいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/24 15:52
ウィンザ−総括6 ドクタ−推し
絡まないといえば、メグは娘婿にドクタ−・キ−ズを激推ししているのだが、その理由は一切語られないし、キ−ズ先生と話すのも最終盤、衣裳トリックの話と結果報告だけでほとんど絡みがない。いったい何を推してるんだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/24 01:22
ウィンザ−総括5 Mr. and Mrs.Page
ウィンザ−総括5 Mr. and Mrs.Page 夫婦役とはいえ、夫ジョ−ジとはほとんど絡むシ−ンがない。会話するのは終幕、いきなり娘の衣裳トリックをバラすところくらい。あとは集団の中に一緒にいるだけ。 演出はこの街に真実の愛はエバンスウィリアムの師弟愛だけというし、夫婦の会話はお互い上の空だというし……倦怠期夫婦なんてそんなものかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 23:50
ウインザ−感想2
お客様にお目にかかっての聞き書きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 22:42
ウィンザ−総括4 グレ−トコンポ−ザ−
言葉でもがいていたとき、私を救ってくれた一つは、間違いなく小笠原肇さんが作ってくださった「陽気な女房」のテーマでした。 軽い足取りで歩いているようなヴァンプは、立ち上がれないほどへこんでいる私の背中をいつも押してくれました。この曲のテンポで稽古場まで歩いて通いながら、すべてのシーンでメグの中にこの曲が流れていればいいのだと思いました。 腰の低いグレートコンポーザーは、声幅のない私に合わせ、面倒がらず何度もキーを変えてくださり、毎回違う動きや間にあわせて呼吸拾って演奏してくださいます。 その... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 22:39
ウィンザ−総括3 いまダメ取りノ−トを見返すと
そんな修羅場を越えたので、今回、初期のダメ出しをメモったノートや、飲み会でのメモを読み返すと、とてもよくわかる。 確かに最初から言われていたのだ。それらができるようになっていれば、私も1upなのだが……さてどうだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 22:38
ウィンザ−総括2 通訳が必要だった
今まで経験したことのないほど苦しい稽古だった。 元々メソッドが違うであろう事はわかっていたので、それを1から学ぶつもりで、8月からのほとんどのスケジュールを空け、極力WSにも参加させてもらった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 22:35
ウィンザー感想1
お客様にお礼メールをしていると感想をいただけることがあります。自分や仲間を褒めていただければうれしいし、厳しい意見ならそれはそれでうれしい。ちょっとご紹介。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 16:47
ウィンザー総括1 ぐるぐるインサイド
公演終了翌朝、突然思い出した言葉がある。「ぐるぐるインサイド!」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 16:44
日常へ帰る2
洗濯機を回す。ロビンのニッカボッカ、衣裳下着や稽古場楽屋で着てた稽古着。ラグビーのベレーは陰干し。アンのブローチと自分のイヤリングを箱にもどす……芝居が一つずつ終わっていく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 08:53
日常へ帰る1
芝居をご一緒していた人達が日常に帰ったのをFBやTwitterでみて、 青春映画で何事かを成し遂げた本編が終わって、 それぞれの日常がカットカットで映り、 その上をキャストスタッフエンドロールが流れる映像(架空)が 脳内上映されたわたくし(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 08:51
ご来場ありがとうございました
『ウィンザーの陽気な女房たち』ご覧いただいたお客様、支えてくださったスタッフキャストの皆様のおかげで、無事千秋楽を迎えることができました。 今日一日、私の頭の中でずっとギターとエンディングテーマが流れていました。 こんな企画があるんです、と川野さんに喫茶店に呼び出された6月からの事が走馬燈のように頭を巡っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 08:44
終了雑感 三題
しばらく英国ウインザーに長逗留していて日常にかえって来たら、ドル円が117円台、日経平均19300円台になってて驚く テレビ点けたの久しぶり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 08:40
ぎりぎりセーフ
しっかりとした総括は改めていたしますが、とりあえず生きたまま終了いたしました。 お客様、関係者各位に心から感謝しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 08:37
いよいよ千秋楽
昼夜間の最後の休憩。 あんなに苦しんでやっと覚えたセリフも、もう一度しか使わないんだな〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 08:35
あと2回
あんな今まで感じた事のない死にそうな大変な思いをして4ヶ月、今も一瞬の油断で墜ちてしまいそうな綱渡りなのに、もう2回しかやらないなんて…… それでも、やっと腑に落ちるというか、楽しくなってきた。申し訳ないが公開ゲネプロ辺りとは全く違う芝居になってる。ゲネだからある程度仕方ないけど、あの回の方にはもう一度観ていただきたいくらい。 あと2回、一つ一つ大切に、でもなぞらず、生きようと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 08:33
家族写真
家族写真 家族写真が撮りたいなとお願いしたら、皆さんノリノリで賛同してくれて、終演後に撮っていたら照明さんもわざわざ明かり入れてくださって…… うれしい。夫のジョージと娘のアン、息子のウィリアム、そして私メグ。ちゃんと家族にみえる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 08:28
洋物芝居が好きな訳
洋物芝居していて好きなのは、明らかに腕を組むとかハグとか、身体接触が多くなること。 誰か(鴻上尚史あたり?)のエッセイにもあったけど、特に日本の男性は、性的以外の身体接触が苦手だからなぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 07:56
結局、演じるほどに
前にも書いたけど、役作りという言葉が好きではなくて(作るもんじゃないと思うから)、 しかも今回はとにかく言葉言葉言葉で、心理的な何か表現しようとすると「小芝居」なんていわれてしまうのだが、 作ってないのに、言葉の下にある、役の人物が出てきた感じ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 07:54
表面張力
入っているはずのセリフが毎回一つ位ポロッといく。しかも、毎回違う、ノーマークの所が。本当に申し訳ない。チェックしてもセリフはちゃんと憶えているのだが。 はたと気づいた。 たぶん私の容量いっぱい、表面張力のようにセリフやミザンスが入っているのだ。 毎日本番前のダメ出し、結構細かい直しが入る。それをなんとか本番で取り入れたいとがんばると…… 溢れるのだな、きっと…… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 07:51
社長マッサージ
昼夜の間の休憩中、なにげなく私の肩に触った夫役のむかいさんが「うわっ」 首肩、鉄板のようにガチガチ。 「ここでしょう?」と言われるツボがことごとく、二の腕だのわきの下だの直接触っていないところにびんびん響いてくる。 おお、ゴールドフィンガー! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 07:49
回せ回せ
喜劇なんだから、もったり説明的にするより、チョットぐらい噛もうがよれようが(ホントはダメ)前の人が作ったテンポ感とお客様の空気に乗せていただいて、グルーヴグルーヴ! 夜はいい感じに回して行けた。でも、本当に舌根噛んで痛かった。疲れてくると頭蓋骨が歪むんだなー。舌や頬の内側をバシバシ噛んでる。口内炎できやすい質なので辛い ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 07:47
初日
昼公開ゲネプロ、夜本公演初日。 『ウィンザーの陽気な女房たち』開幕いたしました。 わたし的には、なんとか夜の初日に及第点が間に合った、という感じ。 でも及第点で満足はしません。さらにさらに前に向かって。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 07:46
小屋入り、テキレジ
昨日テキレジ入って今日ミザンス変わったんだ。そう簡単にいくもんか。 しかも後半怒涛の出番。 チクショウあきらめねえぞ、最後まで ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 07:44
公演終了と業務連絡
おかげ様で、『ウィンザーの陽気な女房たち』無事終了いたしました。 情報出しがFB中心で、こちらは放置で全然更新できず、申し訳ありませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 07:28
勘九郎ちゃん(五世)そっくり
これを書くといろんなことがバレるのですが、 私があかんぼの頃の写真(1歳くらいは白黒)を貼ったアルバムに去年亡くなった母が 「まあ、勘九郎ちゃんそっくり。誰が女の子とおもいましょうや」と、キャプションをつけていました。 それも、一ヶ所ならず随所に。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/10 00:30
東大演劇同窓会 解散総会
そういう年回り、というか、自分がそういうお年頃になった、というべきか、 父の病気のことも、昨年亡くなった母と祖母のこともそうですし、 まだここに書けずにいる、声の世界の恩師が亡くなったことや、尊敬する先輩の引退など、 上の世代が一線を退き、決断や責任や実務を手渡される、という感じのことが昨年あたりから続いています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/26 01:39
国王に、謁見を賜る
前々から謁見許可を乞うていた国王にお目見えを許された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/11 14:56
自分の常識は世間の非常識
前記事の続き、ってか、ちょっと逸れてるけど、その時他に感じたこといくつか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/04 16:56
自分の中で、日本演劇史を遡る
この間行ったあるワークショップの一こま。 戯曲の1ページ(そのときの素材はチェホフの『桜の園』だった)を渡されて、その中の一役をふられて、 次々パートナーを変えてやるのだが。 そのやり方が面白かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/04 16:15
ひねくれ演劇用語のでたらめ基礎知識
前回勢いで書いて、説明不足は自覚しながらその勢いを消したくなくて、勢いで押し切った用語解説。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/03 22:08
感じること考えることできることやらせてもらえること
ここのところ、自ら求めてオーディションやらワークショップやらに顔を出している。 そんな中でいろいろ思うことがあったので、仕事とか守秘義務とか支障のない範囲でいくつか書こうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2009/06/02 02:54
本日昼夜あります
toshizoさま、コメントありがとうございます。 日本では、小劇場はマスコミや中大劇場への通過点みたいに扱われていますけれど、 本当はものすごく贅沢なものだと思います。 一回あたりどうやっても50人のお客様に向けて、スタッフキャストが時間と手間と精魂込めたものをお目にかける。 500人の小屋でも1000人の小屋でも、そのかかるものはほとんど同じです。 そう思うと、贅沢な感じがしませんか? 逆に言うと、お客様まで含めて、劇場の空気を作るスタッフキャストである、と。 あなたがいてくだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/01/20 09:51
きえものがかり
きえものがかり 初日、開きました。 おかげさまで、満員のお客様においでいただき、涙でそうだった、などといっていただく作品になりました。 私の役もパンフレットの役名紹介が「???」…どんな役やねんという役ですが、 かっこよかったよ、とか、違いが見えた、とか、大変な役だけどよかったね、とか ネタバレしちゃうので、あんまり書けませんけれど、いろいろ予想以上に好感触の言葉をいただきました。 まだお席余裕のある日もございますので、笑ってほろっとして考えさせられて…一本で三倍お得な 少年ギ曲団『ヴィーヴル《生き... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/19 02:02
いよいよ、初日です。
いよいよ、初日です。 みぃさま、コメントありがとうございます。 そうよねー、やっぱ、男は(女も)仕事姿よねー。大賛成! 久しぶりに現場の空気吸いにいらっしゃいませんか?ぜひ見に来てね! …と、いうことで、稽古中のスタジオのスタッフ側を撮ってみました。 演出、舞台監督、音響、照明、装置…ほぼ全ての方が揃ってます。 シャイな方が多いので、ほとんど盗み撮り…っていうか、私はこういう写真が好き。 「はいチーズ」で撮るより、絶対自然な表情が撮れるので。 ちょっと光量が足りなくて、甘ピン気味ですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/01/18 00:59
コメント御礼と、ギ曲団工務店
コメント御礼と、ギ曲団工務店 まずはコメント御礼から。 TAIさま、hachiさま、Fidoさま、ほんとにいつもありがとうございます。 もう、ソプラノズ6thの第一話目は、ホントてんこ盛りでサービス満点でしたね。 ずっとおとなし目にしてたあの人がアレで、しかも簡単にああなっちゃったり、 しかもそのアレをあんなに長回しでリアルに撮っちゃったり(見た人だけにしかわからない書き方、笑) 割と早くからFBIとアレだったあの人を簡単にああしちゃって、FBIとの関係はバレないままだったり、 挙句にラストにあの人が、なんとあの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/01/13 03:46
コメント御礼と芝居の恐怖のトラップ
ZEROSさま、はじめまして、いらっしゃいませ(^^♪ コメントありがとうございます。 そうですか、ソプラノズにはまられたのが、アドリアーナオーラスのあの回、と… それじゃ、何が起きたかって感じで、あれよあれよだったでしょう。すみません…って、謝るの変か(笑) 今、スカパーでファーストシーズンからやってますし(吹替え始めたばっかりの頃の、恥ずかしい) DVDも、レンタル&販売してますし(ただし、1stは吹替えキャストが違いますが) 是非是非、前のシーズンもご覧ください。 ちなみに、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/01/07 01:56
間もなく、公演です
間もなく、公演です いろいろと、自分自身の中の整理がつかなくて、引き伸ばしてきましたが これ以上いくと間に合わなくなるんで… 芝居に出ます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/03 00:04
プレゼントするということ
人に何かをあげることは難しい。 自分より若い、女の子とかだと、何かかわいいものとか、あっても困らないものとかわかりやすいのだが、 自分より物も金も経験も潤沢に持っている人の場合、こんなものあげてもなあ、なんて悩んでしまう。 やっぱりあげるからには、その人にとって必要なもの、使ってもらえるもの、似合うもの、 足りなくて困っているもの、なんとなく欲しいけど自分ではなかなか買わないものなんかがいいと思う。 自分がもらうときも、そうだから。 丁度欲しかった!必要だった!なんて物をもらうと、あ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/06 23:00
ルティ・カネルワークショップ(@シアターΧ)おまけ
ほんとに狭い演劇界、一人も参加者に直接知った顔がいなかったというのは奇跡的なことで、 自由になれたという意味では、本当に私にとって幸運でした。 新しい、全く知らなかった仲間が、25人も(ルティさん、通訳のお二人も含む)できたということも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/08/28 20:44
ルティ・カネルワークショップ(@シアターΧ)その3
で、ワークショップ(以下WS)で何を追求したか、というと、これがまたなかなか文字にするのが難しい。 このブログも、何度も書きかけては挫折して。もう一週間。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/28 18:03
ルティ・カネルワークショップ(@シアターΧ)その2
さて、12日間のワークショップ(以下WS)で何をやっていったかというと、これは言葉にはしづらい。 見てもらえば、なるほどと思ってもらえるんだと思うけど。 とにかく、体を使い、想像力を使い、場を使い、道具を使い、声を言葉を使い、相手や仲間を使い、 自分を、相手を、仲間を、空間を、物を、トランスフォームさせていく。 それも双方向で、外を変えることで中の変化を感じたり、中を変えて外にどういう変化が出るのかを探ったり。もうホント、手を変え品を変えって感じ。 中には、何を求められているのか、その... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/28 17:42
ルティ・カネルワークショップ(@シアターΧ)その1
今年の夏の私の一大イベントがこれ、シアターΧで行われた 「ルティ・カネルと行うパフォーミングアーチストのためのワークショップ」 シアターΧがイスラエルの演出家、ルティ・カネルさんを招き、ワークショップも一般には告知せず、 参加者もシアターΧ側から『参加して欲しい人』に声をかけて一本釣りしたものだ。 実は私はこの夏、もう一つ別のワークショップに参加するつもりでいて、そちらのプレワークショップにも参加し、 もう今日こそ申し込もうと思っていたその日に、シアターΧからお誘いをいただいたのだ。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/26 22:03
ワークショップって楽しい!!
んで、見る目のないヤツばっかりだ、と怒ってばかりいても(いやまだ怒ってるけど)発展がないので、 馬車馬で回遊魚な凛としては、行動をするわけです。 この間『蹴られた』と書いたのとは別口なのですが、この日曜からワークショップに参加しています。 来月外国からアクティングティーチャーが来日するワークショップがあり、 そのプレワークショップという位置づけで催されているものなのですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/20 01:56
素人さん、恐るべしその1(東大演劇同窓会)
TAIさまご無沙汰しました。 コメントありがとうございます。 ホント、皆さんにご心配かけて…すみません。 でも、そんな風に私のことを、ふっと思い出してくださる方がいる… なんだか心の中がふわっと暖かくなって、ああ、ここにいていいんだなあ、って思える気がします。 本当にありがとう。まだまだいろいろあると思うけど、 そんないろんな人の気持ちが私を支えてくださっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/23 22:52
少年ギ曲団『シックザール』
ハイ、更新をサボっている凛です。 今までのブログの流れからいって、鬱スパイラルにつかまって地獄の底まで沈んでいると ご心配くださっている方もいるか(いないか?)と思いますが、 なんだかそれどころじゃない状態に巻き込まれて、怒涛の日々を送っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/03/23 10:00
才能・才覚の棚卸し、のようなもの 
失業しました。 いえ、女優業のほうじゃなく。こっちはお呼びがかかるまで失業状態なのが常態の業種ですから 仕事がなくて暇なのも(まあ限度もあるけど)半ば織り込み済みの仕事でありますが、 失業したのは、塾のほう。閉鎖になったんです、うちの教室。急遽3月1日付で… 副業、とはいえ、十年越しにやった仕事だし、 手抜きのできない性質なのでこちらも一生懸命やっていましたし、 なにより人間相手の仕事でしたから、 正直自分の中で整理がつかずに、唖然、としている感じ。 まずは、ホームページ、ブログ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/03/05 17:16
見てきましたよ、劇団青年座『評決』
ブログ記事でご紹介した『評決』やっと見てきました。 いやー、おもしろかった!!! 知り合いがいるからって、お世辞じゃなく! 新劇の劇団の芝居を見て、こんなにおもしろいって思ったこと、ないかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/19 03:26
他人の宣伝、の続き
前のブログ記事でお知らせした劇団青年座『評決』ですけれど、 劇団サイトのトップページ(たぶん日替わり)の今日(13日分)の写真のセンターで立っているのが、 『ポプコーン…』のときの演出家だった山口さんです。 http://www.seinenza.com/index.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/13 14:06
昔演ったはずのエイリアン4、と他人の芝居の宣伝
すみません。更新サボってますね、私。 芝居の本番前、本番中に毎日どころか、日に2回も更新してたりしたのに (まあ、忙しいときのほうが書きたい事があふれてるって事もありますが) RSSリーダーに登録して、更新を待ってくださってる方もいるのに。 ごめんなさい…要するに…へこんでるんです、ハイ。いろいろありまして。 お詫びも兼ねて、生声シールも新しくしましたので…許してm(__)m ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/12 00:43
フラ〜踊るということ、表現するということ
ずいぶん間があいてしまいましたが、まずはコメント御礼から >TAIさま コメントありがとうございました。 モーニングコールですか!おもしろそう。今度やってみます。 ただ、私は「S嬢の様な清らかな声」ではないので、下手にやるとエロくなってしまうので… 気をつけます(^^ゞ 「ネット声優」さんに間違われない程度に、いろいろ遊んでみようかな?(^^♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/02/03 01:03
外から見えるからだ、内から操る体
この間共演した若い芝居仲間から(私自分の親くらい年上のお友達が多いので、 よく人から「若い芝居仲間」という形容詞をつけてもらっていたのだが、 私がこう「言う側の立場」になるとは…ちょっと(T_T) ) 「何かダンスか、体を動かすことしたいんですけど、何がいいと思いますか?」と質問された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/22 02:24
書くことで考えをまとめ、読まれることで支えられてきた
私の本サイトの掲示板をご覧になった方には、ちょっとかぶっちゃう話ですが。聞いてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/12/27 00:58
TAI様にトラバ!
一応、昨日の記事で『ポプコーンの降る街』関係を総括、終了しようと思ってたのですが。 (なんたって、情が深すぎて、ぐずぐず引っ張るのが、私の悪い癖なんで) 久しぶりに自分の名前でネットサーフィン(ヒマ!)していたら、 TAIさまが観劇記事を書いてくださってるじゃありませんか!(こちら) もう、奥ゆかしいんだから。トラックバックしてくださればよいのに(^_^;) …と言うことで、終わっちゃって今更なんですが、こちらから逆トラバ。 パンフや、チケットや、終演後お配りしたポプコーンの写真まで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2005/12/23 22:20
うれしい!感想
まずはコメント御礼 TAIさま、ご来場ありがとうございました。 作品内のセリフじゃありませんが、初めてリアルで「やっと、会えたわ!」 ネット上でお話しするだけでしたから、不思議な感じ。 ほんとに全身全霊かけていた作品なので、その姿を見ていただけることがなによりうれしかったです。 結構いい女だったでしょ?(^_-)-☆ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/12/22 11:36
そこで、確かに、生きていた
『ポプコーンの降る街』公演が無事終了しました。 ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2005/12/21 13:26
カーテンコール
わたしはよく踊っているときに顔が違うといわれる。子どもの頃から踊る快感を知ってきたからかも、 「自分がいい女になったような気分」を信じられるのが心地いいからかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/18 08:08
熱い二人
金曜マチネもご覧になって、女神(み群杏子さん)は大阪に帰っていかれました。 「今まで見た『ポプコーン』の中で、間違いなく、一番熱い二人だと思います」の言葉を、川野さんと私に残して…。 うーん、誉め言葉だろうか。それとも、やりすぎ? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/17 08:36
女神降臨!
2日目の公演に、作者のみ群杏子さんがおみえになりました。わざわざ大阪から。 ドキドキしました。だってさ… 「こんなの、私の描いた世界じゃないわ!」「あの『女』はあんなじゃない」「私のポプコーンを返して!」…なあんてことになったら…(T_T) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/16 07:47
魂と心
相手役を乗せ、お客様を乗せ、そして自分自身を乗せるのが役者の仕事。 そのために、(他の役者さんはどうだろう?あくまで私の場合は、ですが)いろいろな手段を使います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/15 10:10
あれから、今日まで
顔合わせがあったのは、夏の終わり。 私は、塾の夏期講習の最終日で、全てのコマを終わらせ、 無理やり「先生モード」を脱ぎ捨て「女優モード」に切り替えて、少し遅れて稽古場に到着しました。 ほとんど面識のない人ばかり。主宰の川野さんを、そういえばあった事があるのかな?という程度。 なんか怖そうな演出家。ベテランの俳優さん、若いかわいい女の子、ちょっとイケメンのお兄さん… 公演は、まだまだ3ヶ月以上も先… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/14 10:01
神様と王様と恋人と…2
前回の続き。 うーん、たぶん「18禁的表現」が多発しますが、至極まじめな内容なので、よい子は心して聞くように。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/13 11:13
神様と王様と恋人と…1
「作者は神様、演出家は王様、共演者は恋人」 いつもそう思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/13 10:16
牧口さんと智ちゃん
5人の出演者のうち3人のお誕生日を祝った、『ポプコーンの降る街』稽古場ですが、 残るお二人は、相対的(いつも牧口さんがおっしゃるように役者に年は関係ないけど、 ただ、われわれ5人の中ではたぶん一番上という意味での相対的)最年長の牧口元美さんと、 最年少の宮田智子さんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/12/12 09:37
幸せな誕生日
稽古が終わったとき、不意に稽古場の照明が落ちました。 (もう照明も仕込んであるので…舞台関係者なら14日初日なのに?と驚くところ。それはさておき) 劇中で使われている♪アネマ・エ・コーレが音響から(これも仕込み済み)流れる中、 舞台上にケーキが…。 なんと、今回の芝居5人の出演者のうち3人、 山田純さんが9日、川野さんと私が10日の生まれなのです。 それを祝ってくださるサプライズだったのでした。 なんか、すごく感動。稽古場や劇場で迎える誕生日って初めてでした。それもこんな幸せな稽古... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/12/11 09:31
同じ釜の飯を食う
まずはコメント御礼。 PIPさま。 ええ、エロ凛上等とファンの方からメールもいただいておりますし、全開バリバリで行きますわ。 だって、アドレナリン出まくり、エクスタシー寸前なんだもん!(こらこら、また) 今回私は3本の二人芝居を一時間半で連続してやっている感じなので、 肉体的にも精神的にもギリギリでやっていますが、 前にあの二人芝居を経験していて、本当に良かったと思っています。 あのときの演出、相手役、そしてなにより作家さんに、凛が心から感謝をしていたと伝えておいてください。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/09 10:31
やっぱりエロくなってきた(芝居と私)
前にも書きましたが、演技にのってくると惚れっぽくなるって話。 こちら読んでみて(^^ゞ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/12/05 09:49

トップへ | みんなの「演劇」ブログ

凛の、ちょっとした思いつ記 演劇のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる