凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS ソーキすば、作ってみた

<<   作成日時 : 2012/01/22 18:40   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
この間テレビを見てたら、タレントさんが沖縄で沖縄すば(そば)を食べていて、
オットが「うまそうだなあ」としみじみ言うので、
思い立って作ってみました。

「沖縄そばの乾麺」と「沖縄そばだし」はこちらにもよく来てくださる沖縄のボスコさまからいただいてたもの。
この「そばだし」が優れもので、ものすごく濃い豚と鰹節の出汁で、
ちょろっと入れるだけで、野菜炒めがチャンプルーになります。
夏のゴーヤーも、もやしもきゃべつも、何もないときのそうめんとツナも、
ゴーヤーチャンプルー、マミナー、タマナー、ソーミンチャンプルーに早変わり。
ただし、めっさ塩辛い。無茶苦茶しょっぱい。ホントにちょろっと入れるだけで充分。入れすぎ注意。だからなかなか減らない。
(だからボスコさん、催促じゃないからねー。まだ丸々1本あるのよー)
今回、初めて本当の「そばの出汁」に使います。

沖縄のそばはかんすいが入ってるので、うどんとラーメンの間くらいな感じのもの。
ゆでて、茹で汁を切って、お湯で割った出汁にはなします。

さらに、その上にレトルトのソーキを温めて載せます。
これは近くのスーパーで購入してあったもの。安くはないけど、沖縄食材店で買うのの半値くらいで買えた。

そして、紅しょうがとねぎを。ねぎは万能ネギならもっとそれっぽかったんだけど、家にあった普通のを。
最後に、沖縄で自分土産に買ったコーレーグース(沖縄唐辛子の泡盛漬け)の豆ビンを添えて、お好みで。

いやー、なかなか本格的。
オットも「うまい!びっくり!向こうで食べたのみたい」と言っていました。
いや、私の手柄じゃなくて、乾麺とそばだしの勝利、なんだけどね

こっちの沖縄料理屋でそば食べると、軽い盛りで簡単に千円とか取りよるんで、
向こうの人なら怒っちゃうだろうなっていつも思います。
麺も出汁ももう一回できる分あるんで、また作ろうっと

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス
ソーキすば、作ってみた 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる