凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS 知らなかったこと、気づいたこと その1 昼間の電車内の蛍光灯

<<   作成日時 : 2011/04/05 00:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

こうなってみるまでは、当然のこと、そういうものだと思って享受してきたこと、
こうなってみて初めて気づけたことがいろいろある。
国のエネルギー政策から、自分の家のトイレタンクまで。巨大なものから卑小なものまで。
ちょっとずつでも書いていきたい。
読んだ人が一人でも、そうだよなーと思ったり、えーそうなのー?!と思ったり、
そうなんだってさー、どう思う?と人と話したりしてくれる種になるといいな、と思う。

気づいたことその1
震災数日後、バイト帰りの午後3時頃、実家に行くべく私鉄のS線に乗ろうと思った。
ホームに滑り込んできた電車に違和感を感じた。でも何が違うんだろう程度の微妙な感じ。
乗り込んで気づいた。社内の蛍光灯が消されている。ちょっと薄暗い。
でも、全然問題ない。中吊り広告も、本も十分読める。
なんだ。電車内の蛍光灯、昼間必要ないじゃん。

朝のラッシュ時、夕方以降の暗くなってからは、もちろんついていた。
朝もいらない気もするが、混雑時の痴漢除けか。まあいいかも。

エスカレーターもほとんど止まっている。皆黙々と階段を上っている。
大江戸線みたいに地下深い線は仕方ないけど、普通の私鉄の跨線橋くらいなら全然いらない。
不自由な人だけ(お年寄りやベビーカー、大荷物の人など)申告してもらって動かしたらいい。

…と思ってたら、この間レッスンしに行くのにJRに乗ったら
真昼間に人もあまり乗ってないのに電気が煌々とついていて
上りも下りも人がいないのにエスカレーターが黙々と動いていた。
やっぱり親方日の丸体質が抜け切れないか…と思ったが、
JRは自前の発電を持っているから、節電にはあまり関係ないのだ、という話を聞いた。
…でも、そういう問題かなあ? 
たとえ自前発電でも、いらないものに電気使うより、それ用の燃料を節約したほうがいいんでないの?
それを大きな意味でどこか必要なところに回せばいいんじゃないの?
やっぱり何かがおかしい気がする。
どう思いますか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
知らなかったこと、気づいたこと その1 昼間の電車内の蛍光灯 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる