凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS おんなの窓2(伊藤理佐)

<<   作成日時 : 2011/02/24 18:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

私は東京出身なのですが、父が転勤族だったので、
特に両親の出身地である新潟と、中高時代をすごした長野には、故郷に近いシンパシーを感じます。
信州は4年半住んだだけだし、新潟に至っては一度も住んだことはないのだけど。

この本の中、文春に連載された一コママンガエッセイなのですが。

「お国ことば」というテーマで、
「長野県の皆さん
「さかってる」は方言だそうです。
@「ぞろびく」 A「はならかす」 B「人のの」
も方言だそうです。
知らなんだだ…!!」
というのがあったのです。

わかるー。
私は「ぞろびく」は聞いたことないけど、あとのは知ってる。

「栄えている」「離れさせる」「人のもの」っていう意味。
「人のの」は「人のんの」と発音すると、意味がよくわかります。

伊藤さん。信州のどこかな。北信かな。なつかしい。

そういや、通ってた整体の先生が南信の人で「足、『前で』に出して」っていうのも、懐かしくて大好きだった。
(標準語では「前」。「右足は『前で』で、左はまっすぐ」とかね。ちなみに『後ろで』とは言わない)


おんなの窓〈2〉
文藝春秋
伊藤 理佐

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おんなの窓〈2〉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ところで、やってしまった。
この本の第3弾が出ていたので、「あ、まだ3は読んでないな、1と2は読んだはず」と書架でパラパラしたが、
どうも2にも見覚えがない。
うちに帰って読書メモをひっくり返したが、2、どころか1を読んだ記録もない。
このメモ、2008年の7月位からはだいたい取れていると思うんだけど…
同じ著者の『女のはしょり道』と混同してるのか?

女のはしょり道
講談社
伊藤 理佐

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 女のはしょり道 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



読んでないつもりで読み始めて、アラこれ覚えがあるわ、っていうのは今までも2,3度あったけど、逆は初めて。

どなたか、エクセルか何かで、書名、著者名だけでも時系列で打ち込んで、必要に応じて50音で検索できる、
なんて方法、ご存知ありませんか?
読む本をカウントして年間100冊を超えてから数年、読んだ本が把握しきれなくなりました。
2年半分のリストをめくってすべてチェックするのも結構大変。
ていうか、パソコンって、検索、並べ替えとか、そういうことが得意な機械なんじゃなかったっけ?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おんなの窓2(伊藤理佐) 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる