凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS 両沢和幸アワー第4弾

<<   作成日時 : 2010/12/06 00:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

7月に参加させていただいた、両沢和幸監督の二人芝居。
その第4弾が上演されていたので、新中野のワニズホールに観に行ってきました。

今回は3本立て、三本とも新作。
うん、やっぱり二人芝居はいい。「1対1」というのがコミュニケーションの根源であると、つくづく思います。
あと、あのサイズの小屋の怖さもいいですね。
真実に感じず、「ふり」をしていると、見事にばれてしまうサイズの怖さ。
観ていると我が身に振り返って、「うそ」をついていなかったか、「感じたふり」になっていなかったかと、とても恐ろしくなります。

それから、あの緊密感はお客にも要求をするんですね。
今回の公演はどうしても時間が取れなくて、今日はバイト先から直で劇場に向かったのですが、
正直、3本見るのに余力ギリギリでした。ぐったり。
中劇場や大劇場を観てもこんなには疲れないので…あ、でもこれは私が役者だからですかね。
ただ座って観るだけになれないのかも。ついつい、一緒に呼吸してしまう。

面白かったです。
7月にご一緒した役者さんが2人出ていらして。
お一人の出ていらした作品は、内容も要求される演技も発声もヘビーで、あれで1日2回廻しはシンドイだろうなーと感心したし、
もうお一人は、素晴らしい喜劇俳優さんなのにちょっとした舞台上のこなしがすっごく二枚目芝居でかっこよかった!(萌)
女性の二人芝居は、どうしても「私はあっちの役の柄だな」なんて他人事でなく観てしまうし。

来年。また私も新しいチャレンジをしたいなあ、と刺激をいただいた舞台でした。
今日は、ホントにヘロヘロなんで、このへんで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
両沢和幸アワー第4弾 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる