凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS ソプラノズ! 第3部-3 入湯

<<   作成日時 : 2008/02/20 18:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

我々、ソプラノズ軍団の向かった先は、もちろん、ニュージャージー…

…ではなく、
画像

ここ。

貫一お宮で有名な、熱海温泉であります。
(ホントは行きたかったな、ニュージャージー。んで、ポークストアとか回るの(^^♪ 絶対無理だけどさ)

手配してくださったお宿は、オーシャンビューのきれいなホテルで、
もう、窓から見える景色は180度、海、海、海!

どうして、海が見えると、人はああウキウキしてしまうのでしょう。
向かう列車の中からもう、海が見える度に「あ、海!」「うおっ、海だ」っと何人も騒いでいましたが、
部屋に入ったらあまりの圧巻の景色に、しばし無言で見とれました。

私達のお部屋は、WOWOWのM女史、翻訳のK女史、ジャニス役の伊倉一恵さん、と私。
温泉旅館のお部屋に入ってすること。まずはお茶を淹れて、お部屋についているお菓子を食べる!
定番の行動ですね。
そして、伊倉姐さまが持ってきてくださった誕生日占いの本で、女子4人しばし盛り上がる。
利他的な性格、だとか、ただし異性との関係は…だとか、お釈迦様と同じ…とか(笑)
女子は、いくつになっても占いが好きです。

伊倉姐さまは、他にもオヤスミ用のシートパックだとか、部屋飲み用のお漬物とか、
何くれとなく気を使って用意してきてくださいました。
さすが! 見習わねば。
(私は以前のシーズン中、飲み会のあとで一度、伊倉さんのお家に
転がり込ませていただいたことがあるのですが(自慢)
本当に面倒見がよくて、優しくて、それもべたっとした優しさじゃなくてさりげなくて、
スターさんなのに気取ってなくて、私の仕事の悩みなんかも良く聞いてズバッといってくださったり、
「凛ちゃんの声は変わってるから、ハマると強いけど、そこまで難しいよね、
でもあんたは芝居がちゃんとしてるから大丈夫よ」なんて励ましてくださったり…今もこの言葉は心の支え。
…テレビのナレーションやアニメでお声を聞くたびうれしかったのに。
あー、もうご一緒の仕事ないんだなー、と今、しみじみさびしいです…と、ちょっと寄り道話)

あとは、ソプラノズミニ思い出話。
あの時の誰それはどうだったねー、みたいな。あまり具体的に書けませんが。
私は翻訳のKさんに、前から申し上げたかったこと。
台本の欄外の一言ト書きが大好きでした、という話を。
一番覚えているのが、アドリアーナがFBIに追いつめられて神経性の大腸炎になってる時、
欄外に「なのになぜか白いパンツ」とか、「全然デリカシーのないクリス」とか冷静なツッコミが書いてあったこと。
もう、すっごいツボで…(笑)絶対元のスクリプトにはないんだろうな、って思っていて。
普段、ゆっくりお話の機会がない方といろんな話が出来るのも、こんな非日常の楽しさです。

そして、やっぱりここへ来たからには、夕飯前には、温泉!!
最上階の露天風呂つきの大浴場へGO!
海の夕焼けを見ながら入浴です。
あー、温泉久しぶり。何年ぶりかなあ、ってくらい。
海べりの温泉らしく、かなり塩分の多いお湯で、切り傷ピリピリしちゃう位だけど、あったまる!
湯船で一緒になったおばちゃんおばあちゃんたちから、昨日は雪で一日身動き取れなかったとか、
今日も午前中は列車が止まって往生したとか、
ここは東海岸だから、海からお日様が上がるのが見えるよとか、
たくさんの情報もいただきました。出るタイミングなくて、ちょっとのぼせたけど(笑)

そして、打ち上げ旅行は第一メインエベント、夕食宴会へ。
次回、ザ・ソプラノズ〜哀愁のマフィア「拳闘」
…ボクシングじゃありません、何故このタイトルかはあとでわかります(笑)



ザ・ソプラノズ哀愁のマフィア (フォース・シーズン) コレクターズ・ボックス
ザ・ソプラノズ哀愁のマフィア (フォース・シーズン) コレクターズ・ボックス [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソプラノズ! 第3部-3 入湯 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる