凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本日昼夜あります

<<   作成日時 : 2007/01/20 09:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

toshizoさま、コメントありがとうございます。
日本では、小劇場はマスコミや中大劇場への通過点みたいに扱われていますけれど、
本当はものすごく贅沢なものだと思います。
一回あたりどうやっても50人のお客様に向けて、スタッフキャストが時間と手間と精魂込めたものをお目にかける。
500人の小屋でも1000人の小屋でも、そのかかるものはほとんど同じです。
そう思うと、贅沢な感じがしませんか?
逆に言うと、お客様まで含めて、劇場の空気を作るスタッフキャストである、と。
あなたがいてくださるから、あの日の舞台ができたのです。
ご来場ありがとうございました。


本日土曜日、昼14時、夜19時、二回公演です。
皆様も、私たちの劇場の空気を作りにいらしてくださいませんか?
笑って泣いて帰りにちょっと自分を振り返って考える。
そんな時間をプレゼントできると思います。

少年ギ曲団『ヴィーヴル《生きる》』 御来場、お待ちしています。

詳細こちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
回答頂けありがとうございます。私が生ステージやライブに目覚めたのは、まだほんの七、八年です。特に昨年は15回位舞台やライブを見聞きしました。月にして、1回強というところですかね。ハイビジョンによるパッケージ観賞もかなりの疑似体験可能ですが、やはり生が一番。今後も情報収集と
観賞実現に努力したいです。盤とちがって、現場に出かける時間と金と体力と根気がどうしても必要ですね。
toshjzo
2007/01/21 01:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
本日昼夜あります 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる