凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS う、うう、イ、イチロー…

<<   作成日時 : 2006/01/04 23:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

古畑任三郎ファイナル、ご覧になりましたか?
もう、すごい…なんといったらいいか解らない。
スゴイ人って、何をさせてもスゴイというか、
せりふの言い方なんか、付きっ切りで一言一言直す事だってできるけど、
ただ黙っている目なんか、あの位一つの世界を突き詰めた人が醸し出すものに、ちょっとやそっとの演技者が敵うわけないってのも、はなから予想がついていたけど、
そういうのじゃない、本当の演技上の目線をはずすタイミングとか、
あるいは逆に伏せてた目をキッと上げる瞬間とか、
相手の呼吸を拾って、はさんでいくセリフとか、
張ってるセリフとふっと落としたつぶやきの落差とか…
もう、普通に、すごく上手い。上手すぎる
それに、体のたたずまいが、すっごくセクシーだ。ぽんと置いとくだけで絵になる
こんな人が、普段はこの演技力を使わずに、野球なんか(?!)やってるなんて信じられん。もったいない!!
偶然昨日読んだ、鴻上尚史さんのエッセイで紹介されていた「ジョジョ・マッコイ」という人の『リアルプレイ』という本で、
「努力で役者になれるわけがない。役者は才能である。役者は天性である。役者は生まれたときから役者なのだ。役者になるのではない。役者がいるのだ。役者として生まれた人間がいるだけだ」という記述があって
それは、私も普段からそうだと思っていたことだったので、すごく共感したのだが、
今日、なんだかその生きた見本を見せ付けられてしまった。
超一流のエンターティナーなら、どの分野をやらせても、観客を楽しませることができるのか?
なんだか変なのだが、
「こんなスゴイ役者と対決して演技して(田村さんはもう別格別物としても)小林隆さんや、アリキリ石井さんや、今井朋彦さんは、大変だったろうなあ、みんなすごいなあ」と思ってしまった。
こっちが本職だっつーの。
正直「やってられへんなあ」っていう気がする。でも、ここまでやられたら感動で、いやな感じはしない。いや、尊敬する!!釘付け、でした。

あんまり興奮していて、文章変ですね。ごめんなさい。
あー、もー、ステキ。イチローみたいな男がいたら、すぐにも抱かれたい!!
(ん?私最近少し欲求不満気味かしらん?(^^ゞ )

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
古畑任三郎「フェアな殺人者」を見て・・・
久しぶりにテレビドラマを見ました。 何でかって・・・・・ あのイチロー選手が、古畑任三郎に犯人役として出るからです。 「何処かのCMのような演技だったら」と恐る恐るテレビのスイッチを入れると・・・・・ ...続きを見る
One And Only
2006/01/05 00:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ほ〜んと凄かったですね〜!
駐車場で、ただ立って話を聞いてるだけのところ(ほんとにただ立ってるだけなんだけど・・・笑)の存在感が印象的でした。
もう何より目が凄い!あの目はセクシーだわ♪
あんなふうに我が子が育ってくれたら、嫁なんかもらわずに一生連れて歩いちゃうな〜(爆笑)
ちなみに、うちのダンナは「走る時のフォームが抜群だな」と言ってました(^^ゞ
土手を走っていたフォームは完璧なんだそうです。
どんな事でも、フォームができてる人はサラッと美しい・・・
みぃ
2006/01/05 06:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
う、うう、イ、イチロー… 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる