アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「芝居」のブログ記事

みんなの「芝居」ブログ

タイトル 日 時
観劇 月刊ギィ・フォワシィ 『関節炎』
お酒をいただきながらパフォーマンスを観られる、雰囲気あるライブハウス、南青山MANDARAで、 月一回一日だけ上演される月刊ギィ・フォワシィ。 初舞台前からの憧れのひと、川端槇二さんのご案内で、『関節炎』観てまいりました。女性の二人芝居と、二本立てで上演されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/11 11:40
観劇に対する複雑なわたくし
<ある日のFB> ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/11 11:20
観劇 劇団民藝「野の花ものがたり」
観劇 劇団民藝「野の花ものがたり」 紀伊國屋サザンシアターで、劇団民藝『菜の花ものがたり』を観る。 『ザ・ソプラノズ』時代の兄貴分、横島亘さんのご案内。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/11 11:02
チケット精算が終わって
舞台は(私が寡作だからできるのだが)なかなか私から抜けていかない。 単発のアテレコにこんなことはなかったし、シリーズ物だって『ソプラノズ』のアドリアーナみたいに5年も惚れ込んでやって心乗っ取られた役柄は知らず、普通は少し経てば抜けていく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/13 09:31
チケット精算2
30分位で失礼するつもりで、事実精算実務はその位で終わったのだが、 チラシ用に撮った写真をいただくやら、 楽しかったいろんな事や、ひどかったねってこんな事や、 プロデューサーキャスティングを訊いて、それでもやってみたかった、観てみたかったと思ったりとか、 ずっと自分の中で釈然としなかった「あれって私怒って卓袱台返しても良かったんですよね?」な話にそうですよと言って貰って1ヶ月ぶりにスッキリしたりだとか(笑)……ハッと気づけばいつもの稽古終わり位の時間。 長門さんの次の予定が飛んだのを良いことに、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/13 09:29
チケット精算1
チケット精算1 12月舞台の精算に劇場事務所へ伺う。 4ヶ月セリフをブツブツ言いながら通った道を、久しぶりに陽気な女房の歌を口ずさみながら歩く。 いつもベンチでセリフを稽古していた公園にさしかかったら、びっくりするくらいきれいで大きな満月。なんだかうれしくなる。苦しかったけど幸せだった毎日の精算に行くのに、なんだか幸先がいいなぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/13 09:25
シェイリ−ン・ボ−ン 「フィギュアスケ−ト奇跡のレッスン」
シェイリ−ン・ボ−ン「フィギュアスケ−ト奇跡のレッスン」を視た。素晴らしかった。 ここに書くのはむずかしいが、自己表現、開放、演技指導など、いろいろ考えさせられる内容。 子供であっても殻の硬い日本人。受け手がいる表現というものにとって、開くことの大切さ、そして日本人は開くのが苦手な人が多いのだなあということ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/02 12:40
仕事の上でいつも思っていること
自分が呼ばれた意味に応える仕事をして、 できるなら、さらに私ならではのものを付加し、 凜を呼んで良かったと言っていただけるものを作る…… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/26 17:32
ウィンザー総括13 ありがとうございました。
ただ通り過ぎただけだと、なんとなくで流れてしまう経験を言葉にして定着させる。 考える考える考える。こんな大変な思いをしたのだから、それを糧にしなければもったいない。 でもまだここまで頑張れる、ここまでもがける自分であることが少し誇らしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/26 00:33
ウィンザー総括12 あんなことこんなこと
笑いをとるのはむずかしい。演出にも言われたし、ダンさんにアドバイスもらったりしたけど「かごがある」は結局キメられなかった。 でも笑っていただくのは気持ちがいい。ラスト騙されてアクビみたいに口あんぐり開けて、ドクターとともにラグビーに「あっほーあっほー」と言われ笑いがわくと、やったね巴菜ちゃんと心でガッツポーズしたくなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/25 23:27
ウィンザー総括11 無茶な負荷で飛ぶ?
千秋楽に、去年一昨年と劇団大樹で御世話になった演出家の斉藤貴さんが観てくださった。 斉藤さんはワークショップリーダー型演出家とでも言おうか、今回の演出の「先ず言葉を語るありき」というやり方とも、私自身の「読書百編意自ずから通ず」的ひたすら読み込むやり方とも違う、ぶつかり合って何か生まれるのを楽しむような作り方をなさる。 いまだに覚えているのが、リーディングでダンディな黒猫の不動産屋というのをやった時、宝塚男役風のスマートなのをやってみせたら「いいですねー。じゃあ、今度はそれを『タコ社長』でやって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/25 15:17
ウィンザ−総括10 疑似恋愛も、恋は恋
そろそろ終わりにしようと思う。あと2つ位か。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/25 03:02
ウィンザ−総括9 さらに支えて支えられて
支えられたといえば、打ち上げでむかいさんに言っていただいた。 「なかなか稽古来られなかったけど、来たときはせめて隣に座ろうと思ってた。大変そうだったから」 あ、言われてみたらそうだったかも。でも、稽古場では私セリフにいっぱいいっぱいで余裕なくて全然気づいてなかった。すみません。でもうれしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/25 00:04
ウィンザ−総括8 支えられて
で、まるで順調に楽しく何の問題もなく舞台をこなしたような記事になってきているのだが、本当にそうではなくて、 ゲネまでは立ち往生はするは、ノッキング起こすは、テキレジ入るはミザンス変わるはきっかけ増えるは、 綱渡りで本当に大変だったのだ。 芝居が少し肚に落ちてきてからも、千秋楽までその恐怖心を忘れないように舞台に立っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/24 18:53
ウィンザー総括7 30年の時を越えて
ウィンザー総括7 30年の時を越えて お時間を割いてご来場くださるお客様はどなたも本当にありがたいのだけれど、今回私には一人特別なお客様がいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/24 15:52
ウィンザ−総括6 ドクタ−推し
絡まないといえば、メグは娘婿にドクタ−・キ−ズを激推ししているのだが、その理由は一切語られないし、キ−ズ先生と話すのも最終盤、衣裳トリックの話と結果報告だけでほとんど絡みがない。いったい何を推してるんだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/24 01:22
ウィンザ−総括5 Mr. and Mrs.Page
ウィンザ−総括5 Mr. and Mrs.Page 夫婦役とはいえ、夫ジョ−ジとはほとんど絡むシ−ンがない。会話するのは終幕、いきなり娘の衣裳トリックをバラすところくらい。あとは集団の中に一緒にいるだけ。 演出はこの街に真実の愛はエバンスウィリアムの師弟愛だけというし、夫婦の会話はお互い上の空だというし……倦怠期夫婦なんてそんなものかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 23:50
ウインザ−感想2
お客様にお目にかかっての聞き書きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 22:42
ウィンザ−総括4 グレ−トコンポ−ザ−
言葉でもがいていたとき、私を救ってくれた一つは、間違いなく小笠原肇さんが作ってくださった「陽気な女房」のテーマでした。 軽い足取りで歩いているようなヴァンプは、立ち上がれないほどへこんでいる私の背中をいつも押してくれました。この曲のテンポで稽古場まで歩いて通いながら、すべてのシーンでメグの中にこの曲が流れていればいいのだと思いました。 腰の低いグレートコンポーザーは、声幅のない私に合わせ、面倒がらず何度もキーを変えてくださり、毎回違う動きや間にあわせて呼吸拾って演奏してくださいます。 その... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 22:39
ウィンザ−総括3 いまダメ取りノ−トを見返すと
そんな修羅場を越えたので、今回、初期のダメ出しをメモったノートや、飲み会でのメモを読み返すと、とてもよくわかる。 確かに最初から言われていたのだ。それらができるようになっていれば、私も1upなのだが……さてどうだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 22:38
ウィンザ−総括2 通訳が必要だった
今まで経験したことのないほど苦しい稽古だった。 元々メソッドが違うであろう事はわかっていたので、それを1から学ぶつもりで、8月からのほとんどのスケジュールを空け、極力WSにも参加させてもらった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 22:35
ウィンザー感想1
お客様にお礼メールをしていると感想をいただけることがあります。自分や仲間を褒めていただければうれしいし、厳しい意見ならそれはそれでうれしい。ちょっとご紹介。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 16:47
ウィンザー総括1 ぐるぐるインサイド
公演終了翌朝、突然思い出した言葉がある。「ぐるぐるインサイド!」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 16:44
日常へ帰る2
洗濯機を回す。ロビンのニッカボッカ、衣裳下着や稽古場楽屋で着てた稽古着。ラグビーのベレーは陰干し。アンのブローチと自分のイヤリングを箱にもどす……芝居が一つずつ終わっていく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 08:53
日常へ帰る1
芝居をご一緒していた人達が日常に帰ったのをFBやTwitterでみて、 青春映画で何事かを成し遂げた本編が終わって、 それぞれの日常がカットカットで映り、 その上をキャストスタッフエンドロールが流れる映像(架空)が 脳内上映されたわたくし(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 08:51
ご来場ありがとうございました
『ウィンザーの陽気な女房たち』ご覧いただいたお客様、支えてくださったスタッフキャストの皆様のおかげで、無事千秋楽を迎えることができました。 今日一日、私の頭の中でずっとギターとエンディングテーマが流れていました。 こんな企画があるんです、と川野さんに喫茶店に呼び出された6月からの事が走馬燈のように頭を巡っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 08:44
終了雑感 三題
しばらく英国ウインザーに長逗留していて日常にかえって来たら、ドル円が117円台、日経平均19300円台になってて驚く テレビ点けたの久しぶり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 08:40
ぎりぎりセーフ
しっかりとした総括は改めていたしますが、とりあえず生きたまま終了いたしました。 お客様、関係者各位に心から感謝しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 08:37
いよいよ千秋楽
昼夜間の最後の休憩。 あんなに苦しんでやっと覚えたセリフも、もう一度しか使わないんだな〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 08:35
あと2回
あんな今まで感じた事のない死にそうな大変な思いをして4ヶ月、今も一瞬の油断で墜ちてしまいそうな綱渡りなのに、もう2回しかやらないなんて…… それでも、やっと腑に落ちるというか、楽しくなってきた。申し訳ないが公開ゲネプロ辺りとは全く違う芝居になってる。ゲネだからある程度仕方ないけど、あの回の方にはもう一度観ていただきたいくらい。 あと2回、一つ一つ大切に、でもなぞらず、生きようと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 08:33
家族写真
家族写真 家族写真が撮りたいなとお願いしたら、皆さんノリノリで賛同してくれて、終演後に撮っていたら照明さんもわざわざ明かり入れてくださって…… うれしい。夫のジョージと娘のアン、息子のウィリアム、そして私メグ。ちゃんと家族にみえる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 08:28
洋物芝居が好きな訳
洋物芝居していて好きなのは、明らかに腕を組むとかハグとか、身体接触が多くなること。 誰か(鴻上尚史あたり?)のエッセイにもあったけど、特に日本の男性は、性的以外の身体接触が苦手だからなぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 07:56
結局、演じるほどに
前にも書いたけど、役作りという言葉が好きではなくて(作るもんじゃないと思うから)、 しかも今回はとにかく言葉言葉言葉で、心理的な何か表現しようとすると「小芝居」なんていわれてしまうのだが、 作ってないのに、言葉の下にある、役の人物が出てきた感じ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 07:54
表面張力
入っているはずのセリフが毎回一つ位ポロッといく。しかも、毎回違う、ノーマークの所が。本当に申し訳ない。チェックしてもセリフはちゃんと憶えているのだが。 はたと気づいた。 たぶん私の容量いっぱい、表面張力のようにセリフやミザンスが入っているのだ。 毎日本番前のダメ出し、結構細かい直しが入る。それをなんとか本番で取り入れたいとがんばると…… 溢れるのだな、きっと…… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 07:51
社長マッサージ
昼夜の間の休憩中、なにげなく私の肩に触った夫役のむかいさんが「うわっ」 首肩、鉄板のようにガチガチ。 「ここでしょう?」と言われるツボがことごとく、二の腕だのわきの下だの直接触っていないところにびんびん響いてくる。 おお、ゴールドフィンガー! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 07:49
回せ回せ
喜劇なんだから、もったり説明的にするより、チョットぐらい噛もうがよれようが(ホントはダメ)前の人が作ったテンポ感とお客様の空気に乗せていただいて、グルーヴグルーヴ! 夜はいい感じに回して行けた。でも、本当に舌根噛んで痛かった。疲れてくると頭蓋骨が歪むんだなー。舌や頬の内側をバシバシ噛んでる。口内炎できやすい質なので辛い ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 07:47
初日
昼公開ゲネプロ、夜本公演初日。 『ウィンザーの陽気な女房たち』開幕いたしました。 わたし的には、なんとか夜の初日に及第点が間に合った、という感じ。 でも及第点で満足はしません。さらにさらに前に向かって。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 07:46
小屋入り、テキレジ
昨日テキレジ入って今日ミザンス変わったんだ。そう簡単にいくもんか。 しかも後半怒涛の出番。 チクショウあきらめねえぞ、最後まで ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 07:44
公演終了と業務連絡
おかげ様で、『ウィンザーの陽気な女房たち』無事終了いたしました。 情報出しがFB中心で、こちらは放置で全然更新できず、申し訳ありませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 07:28
12月舞台公演のお知らせ
12月舞台公演のお知らせ 毎回ご無沙汰を謝っていると進まないので、いきなりですが、舞台のお知らせです。 PCを使える時が限られているので、まず画像を上げますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/07 16:42
沙翁先生とわたくし
演劇養成所時代、2年目の公演は半年に一度。 ガルシア・ロルカの『血の婚礼』と、井上ひさしの『天保十二年のシェイクスピア』だった。 『天保……』はシェイクスピアを江戸時代に翻案し、名セリフで別の物語を構成していくような作品。 私の役は、父親にいいこと言って財産を分けてもらい、男をけしかけて亭主を殺させ、後に亭主になったその男に不貞を疑われて殺される、という 『リア王』のリーガンで、マクベス夫人で、最後デズデモーナになる、すごく面白い役だった。 今でももう一度やってみたいと思うくらい。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/22 03:38
ほんとに役者泣かせの作品でした
ほんとに役者泣かせの作品でした とにかく、大変な作品でした。 余裕がなかったのと、ネタばれしたくなかったのもあって、終わるまでブログに書きませんでしたが、 体の不調以外にも、もういろいろ大変。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/18 19:42
無事、終了ではない理由
無事、終了ではない理由 「無事、終了とは言い難いが、またおいおい」なんて気を持たせておいて、 いつまでも書かないのもアレなんで書きますが、  実は今、というか終演後ここ四日、布団の中におります。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/16 16:35
『灯屋・うまの骨』劇評
『灯屋・うまの骨』劇評 CoRichという演劇サイトに、劇評を書き込みいただいています。 http://stage.corich.jp/watch_done_detail.php?watch_id=283128、http://stage.corich.jp/watch_done_detail.php?watch_id=283124 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/16 13:25
『灯屋・うまの骨』公演、終了致しました
『灯屋・うまの骨』公演、終了致しました おかげさまで連日ほぼ完売、満員のお客様、 支えてくださるスタッフキャストの皆さまのおかげをもちまして、 『灯屋・うまの骨』千秋楽を迎えました。 おかげさまで、お客様のお声も、ネット上の評判もすこぶる良く、ありがたいかぎりです。 本当にありがとうございました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/15 16:50
5年という月日
リーディングや朗読、司会業は続けておりましたが、本格芝居の舞台は5年ぶりです。 昨年リーディング(朗読構成劇)に呼んでくれた劇団大樹へは、これで4度目の客演。 そういえば5年前最後にやった2本の芝居のうちの、1本もこの劇団でした。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/08 17:47
リンク切れていたので、4日の記事を再度上げます
リンク切れていたので、4日の記事を再度上げます ツイッターから入ってみたら、昨日の記事のリンクが切れていたので。 こちら、のリンク先にあった記事はこれです。2度読まされちゃう人、スミマセン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/08 12:01
Twitter連携はじめました
Twitter連携はじめました ここの人通りがちょっと寂しいので、ツイッター連携たらいうのをしてみることにしました。 つぶやくほうも、やってみようとは思いますが、 なにせPCが使えるタイミングは限られてるわ、スマホは初心者一本指ポチポチだわ、 なのにLINEのグループにも、仕事私用含めていくつもはまってるわで、 とりあえず、芝居の告知、拡散用を最優先しようと思っております。 そのうち、『灯屋・うまの骨』稽古が佳境に入ってくれば、スマホいじりどころじゃなくなるしね。 今のうちに、営業営業と思っております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/07 19:10
今年も12月芝居のオファーをいただきました
今年も12月芝居のオファーをいただきました というわけで、今スマホでポチポチするか、オットのPC環境を仕事で地方へ持って出ない時を狙って借りて更新するしかないので、 なかなか大きな作業が出来ません。 今日はオットがPC置いて行ったので、こっそり借りて大作業をしています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/04 12:53
京劇観て来ました
京劇観て来ました 友人が招待券を斡旋してくれて、湖北省京劇院『二人悟空真贋争』を観て来ました。 偽者猿が、孫悟空をねたんで、俺も同じように出来るはずだと、 仲間3人(匹?)と三蔵一行全員の偽者になりすます。 本物の三蔵さえ真贋の見分けがつかず、とうとう天界まで巻き込んでの真贋争い。 偽者は退治され、一行はさらに天竺を目指して旅を続けましたとさ、という話。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/19 20:47
私の記憶が消えないうちに(吉田日出子)
私の記憶が消えないうちに デコ 最後の上海バンスキング講談社 吉田 日出子 Amazonアソシエイト by ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/07 21:49
謝罪会見追記
酔っ払って暴れるとか、別にどうでもいい。(自分の身内だったら絶対やだけど、関係ない他人だし) 伝統芸能の人だから品行方正にいなくちゃいけない、なんて全く思わないけど。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/10 12:18
謝罪会見
私はどうこう言う立場にないが、テレビで会見を見て、 いつまでも頭を上げない彼に激しい既視感を感じた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/10 02:21
両沢和幸アワー第4弾
7月に参加させていただいた、両沢和幸監督の二人芝居。 その第4弾が上演されていたので、新中野のワニズホールに観に行ってきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/06 00:02
劇団大樹、お疲れさま
川野さん、お疲れさま。本当に、お疲れさま。 今回は本当に大変だったね。 製作総指揮。本公演の主演。そしてスペシャルステージ出ずっぱり。明らかに容量オーバー。 でも、どれ一つとして誰も代わってあげられない。全部あなたの背にのしかかってる。 背負う前に気づけよって話だけど、それを覚悟で、全部背負って走りたかったんだね。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2010/11/27 04:39
ポプコーン、両方読むと面白い裏話(SAFETY SHOESとリンク)
前記事、それから少し前の「プロ表現者の仕事」という記事でご紹介した、 SAFETY SHOESの桜井敏郎さんから許可をいただいたので、リンク張りました→こちら 過去ログに張っても、もう読まない方もいるかもなんで、改めてこちらにも。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/27 01:09
一次生産者と二次生産者(両沢和幸監督バースディライブ)
この夏二人芝居でお世話になった両沢和幸監督(あの『ナースのお仕事』の) またの名を、シンガーソングライターもろさわ和幸氏の、バースディライブを聴きに行ってきました。 お人柄そのままの、ふんわり温かいトークと、骨太なトピカルソング(時代に起きたトピックを織り込んで普遍的なものを歌う、というかんじかな、定義はうまく説明できないんだけど) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/26 23:12
『その人』を形創るもの
今回の公演はオムニバス。 だから、『ポプコーンの降る街』は3シーンだけの抜粋だ。私はその2シーンに出る。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/18 12:11
「ポプコーンオマージュ」三人娘
『ポプコーンの降る街へのオマージュ』三人娘でございます。 えーえー、娘ですとも、何か文句が?(笑) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/11/17 02:02
プロ表現者の仕事
直前で降板者が出たことは以前書いた。 でも、きっと、こういうとき助けてくれた方は、最初他の人だったことが信じられないくらいにステキにハマルって。 こちら ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/11/17 00:39
お役御免
『ポプコーンの降る街へのオマージュ』無事終了いたしました。 御来場いただきました皆様、ありがとうございました。 遠くで応援してくださった方々、ありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/15 20:00
『ゴースト』のキャッチコピーと『ポプコーンの降る街』
「見えなくても、触れられなくても、あなたをずっと想い続ける」 テレビから急に流れてきたキャッチコピーにどきりとする。 まさに、私たちの『ポプコーン』のテーマそのままだもの。 まあ、男女の設定はどちらかというと逆で、前のデミ・ムーアのほうに近いかな。 もちろん、自分をデミ・ムーアだの、松島菜々子だのになぞらえようなんて、ずうずうしいことは思ってませんが。 でも、死と愛と想いの強さをテーマに、心震える作品というところは、きっと共通。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/11/12 11:17
『ポプコーンの降る街へのオマージュ』の私はたぶん別人
夏の二人芝居を見に来てくださったお客様、特に、本名関係でお付き合いのある方々が 「もう、あなたそのまんま、って感じよね」「どうやって決まったの」「アテ書きみたい」と おっしゃっていました。 私自身も、演じれば演じるほど「私」になっていって、 今の家族の状況と軽くリンクしてちょっと辛くなったり、という部分もありました。 もちろん、私自身ではありえなくて、ほとんど演技だったんですけれども。 あの「美沙子さん」は私の本質にすごく近い人だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/10 21:18
再演は、5年前の自分との再会、かもしれない
バイト先のお昼ごはんの時、同窓会にいったのよーという話を聞いた。 ここにいるみんな同い年で、でもそれぞれの人生をある程度歩いてきたから見かけ年齢もそれぞれ、 もうすぐ離婚という人も、離婚して再婚するつもりという人も、まだ独り者という人もいたり、 5歳の子どもがいる人も、もうすぐ成人って子どもがいる人も… 人生いろいろでねぇ…なんて話。 卒業以来の再会で、ちょと見誰だかわからないくらいに変わっていて、 でも話しているうちに昔の顔がどんどん見えてきて、なんて。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/09 19:34
少しは美人になるための努力
パーマかけ直して、パーマの動きが見えるようにちょっとだけカラーも明るくして、 でも、2シーン出るうち1シーンは地味な作り、後のシーンは派手な感じなので、 地味なほうでも違和感がないくらい、たぶん言わないとわからないくらいにほんのりと。 バイト帰りの図書館仕様顔のほぼスッピン写メをアップする暴挙、失礼いたします。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/09 12:21
『栞の恋』とポプコーン
9月10月の読書リストのアップは芝居が終わってからかな〜。あれ結構時間がかかるので。 でも、一冊だけ。だって、ポプコーンの世界と微妙にリンクするんですもの。 それをこんな時期に読んじゃったなんて。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/09 01:36
現役の人間が教えるということ
今年は、プロダクションの若者(ちょっと私よりお姉さんの生徒さんもいるけど)たちのクラスを教えに行ったり、 春に、代々木アニメーション学院のSDコースの担当をさせていただいたりで、 自分より後に同じ道を歩き始めた人と触れる機会が増え、 自分自身も夏にさせていただいた二人芝居や今回の『ポプコーン…』の再演(これも二人の会話のシーンばかりだ)で つくづく、会話、演技の単位は「二人」がしっかり向き合うことだなあと感じ、 飾りをそぎ落とし、ハッタリも利かない、ミニマムで純粋なものに向き合っていく... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/09 00:50
色恋沙汰の主人公をしていると
なんだか、肌の調子がいい…ような気がする。 疑似体験、バーチャルでも、ドキドキするのはいいのねー、きっと。 いいわー、恋(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/08 01:23
自主稽古してきました
『ポプコーンの降る街へのオマージュ』本番まで二週間を切りました。 もともとの企画ではリーディングで、稽古も数回、ということだったのが、 稽古回数は増えずに(演出家や主宰は、本編『マダムグラッセの家』のほうの稽古もあるので増やせない)ポプコーン部分は芝居の仕立てになり、 かなりテキレジ(上演用に台本を直すこと)も入ったので、5年前覚えたものも修正せねばならず、 意外と、大変なことになっています(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/02 02:24
今日はポプコーンの降る街への案内を書く予定だった…
ああ、また思い出に浸って、長いログを書いてしまったので、 今日書こうと思っていた芝居のご案内が、ちゃんと書けなくなっちゃった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/30 23:55
ご案内が難しいんです
11月14日、日曜日、12時開演、一回公演のみのスペシャルステージ。 『「ポプコーンの降る街」へのオマージュ』 5年前にヒロインをさせていただいた、私の宝物のような作品からの一部と 同じみ群杏子さんの作品とで構成されるリーディング。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/20 00:08
そんな日もあるのよね(凹み…)
きょうは楽しいレッスンの日。 今隔週で教えに行っているクラスの日だったのだけれど… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/10 22:50
一回だけのスペシャルステージ『ポプコーンの降る街へのオマージュ』
電話の主は、この公演のプロデューサーで、劇団の主宰者、そして私の相手役であった川野さん。 彼との間には、時々芝居に関してこんなシンクロニシティが起こる気がする。 だてに、同じ誕生日に生まれてない、って感じ(笑) (5年前、知り合いの知り合い程度、ほとんど会った事も話したこともない彼のオファーを受けることにしたのも 台本とともに送られてきた主宰プロフィールに12月10日生まれと書いてあったからかもしれない。 その時は公演の稽古場で、仲間に誕生日を祝ってもらった。私の一番幸せな誕生日だった... ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2010/09/02 21:22
宝物の作品のセレンディピティ
もう半年以上も前のこと。まだ寒い季節だったと思う。 バイト先の図書館で、返却本を棚に戻すべく、本の束を抱えて書架の間を歩いていたとき。 別に、何か引鉄になる事があったわけでもないのに、天啓のようにはたと思った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/01 02:37
8月15日に思うこと
15日も朝からバイトだった。 午後早い時間にバイトを終えて出た外は、上からアスファルトから、両面グリルのような暑さだった。 65年前のあの日も、暑かったのだろうな、 実際の気温は温暖化の進んで半亜熱帯化した今ほどではないにしろ、 信じてきた(信じさせられてきた)ことが崩れて、立ち上がれないほど暑い夏の日だったのでは、と その日を思った。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2010/08/18 02:02
ロックスターをバックに記念撮影
監督と、今回ご一緒させていただいたキャストの皆さんです。 (写真小っさくしたのと、リーダー100足らずの弱小ブログに記念として載せる程度のものなので、肖像権はご容赦ください) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/12 10:43
お客様が自分を語りたくなる芝居
お客様から、とても多くのご感想をいただきました。 今まで、ン年芝居をしてきた中で、一番多かったくらい。 ありがたいことに自分の地元に近い小屋であったことと、 3年半ぶりという久しぶりの芝居の舞台だったせいもあり、 キャスト中で一番多数のお客様においでいただけた、という幸せもあるのですが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/12 10:25
『娘ふたり』初演に参加できたこと
『娘ふたり』という今回の作品は、別々の選択をした姉妹の物語です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/09 01:50
御来場、応援、ありがとうございました
お礼状やら、お礼メールやらにまぎれて(実はまだ終わってないけど)はや一週間。 皆様への御礼が遅くなりました。 改めまして、御礼申し上げます。ありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/07 16:20
お花
お花だらけー。 ありがとうございます。 供花お供物の儀はご辞退申し上げますとあらかじめ申し上げておいたのですが それでもお持ちくださった花束。 (実はお供物も…皆さんすみません。 ホントに、来ていただけるだけで充分なんですよ) お花大好き。うれしい。 ビンボーだから、普段はなかなか買えないし。 でも、この季節、お花持たないのよねー、悲しい。 しかも、狭くて暑い楽屋やら、打ち上げで帰るの遅いやらで、 しばらく過酷な状況におかれた後のお花だし。 かわいそう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/03 10:48
業界〜な雰囲気、おすそ分け
地味ーに海外ドラマ吹替え、舞台、レッスンプロなどを活動の場にしてたり、 塾講師や図書館司書、介護の家事が普段の生活だったりするので、 ここのファンの方たちには、なかなか 華やかな話題をお伝えできないのですが。ごめんなさい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/02 08:39
いろいろ起きたけど、初日
劇場の外はお祭だとは訊いていたけど、 アコースティックな我々の芝居の、しかも一番良いシーンで 外からエイサーだか、なんだかの派手な太鼓の音が…(笑) 地下のライブハウスなのに、太鼓って振動だから、ずんずんよく響く… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/01 08:32
より良いものを作るため最後までジタバタ
数日前から、ダメが出て、なんとなくしっくりしないところがあって、 たぶん、一番本筋のところで、 「うーん、それでもまあ充分いいんだけど、もっとこう、なんかならんかな。整理してみよう」と監督はおっしゃるし 自分でも、今のでもありだけど、納得、消化しきれなくて、 …もっと早くここの指摘が欲しかったよー、とも思うけれど、 たぶん、やっとこの、一段上の、「本丸の部分」を攻められるようになったのだろうな、というのもわかるし、 最後まで、もっともっと、と上の要求をしていただけるのは、本当にうれし... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/31 01:11
『となりのトトロ』と長女体質・次女体質
この間、芝居のダメ出しで『となりのトトロ』のさつきとメイの描き分けが例に出された直後に 偶然『アリエッティ』のプロモーションで『トトロ』がオンエアされたのを見た。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/28 02:07
キープ・オン・ロッキン
KEEP ON ROCKIN’ [DVD]東映ビデオ 2004-05-21 ユーザレビュー:心に残る「キープ オ ...Amazonアソシエイト by ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/23 01:43
たぶん最後の完オフ日
ということで、朝から美容院へ行き、買い物、洗濯、自宅のある申請の書類集め、等々 とにかくできることを処理していく。 美容院は、伸びた分の補正と言う感じで、デジパとカット。とりあえず、もう一度同じようなイメージで。 これは先月のイベント時の画ですが。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/22 18:06
作り置きおかず
母が全く料理が出来ない(し、する気がなくなってしまった)ので、 それでも少しでもまともなものを食べさせたくて、 ここんとこ忙しくてなかなか時間が取れないんだけども、 半日くらい時間が出来たら実家に帰って、料理の作り置きをしてくる。 この季節、蒸し暑くてすぐ物が悪くなるので大変。 しっかり火が入ったもの、毎食火を入れられるもの、 後は一回分ずつ小分けして冷凍できるもの。 なすピーマンベーコンの甘味噌いためとザーサイもやし和えを作ったんだけど、 写メ撮る前にあっという間になくなっ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/22 02:52
自主稽古と呑みと終電
今日は夕方から自主稽古。東京の下町方面へ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/19 02:07
あーもう、手がかかる
母は認知症が出てきているのだが、その自覚がないので、 自分が祖母の介護の主力を担っていると思っているから、 困ったものだ。 祖母のところに届け物をするとなっても 夏物衣類等自分が仕舞い込んだ事自体を忘れているので (仕舞い込んだ場所を忘れるのではない、それは普通の物忘れ。仕舞い込んだという事実を忘れるのだ) 自分では整えられないが、それを認めるのはイヤなので、 私が押し入れ中さぐって探し出したものでは納得しないし、 物はあるけど探し出せないので、無意味にまた新しいものを買ってくる... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/18 15:36
世間は三連休
なんですね… ぜんぜん知りませんでした。 だいたい普段から暦どおり生きていませんが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/18 13:38
楽しい苦しみ
苦しんでおります。 やれ、といわれるとどこまでもやってしまう凛ですが、 今の課題は「演らずに演る」にはどうしたらよいか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/14 01:54
小道具っていうか衣裳っていうか
まだ動員のお手紙もあまり出せていないし、やらなければいけないことはいっぱいあるんだけれども、 台詞覚えがほぼ一段落して、今度は忘れようとする作業(言い方を決めこまずに、 そのとき初めて聴いたと感じるための気の持ちよう、みたいなもん、なんだけど)にかかりだしたので 小一時間だけど、ちょっとこんな作業をしてみた。 舞台で真珠のチョーカーをしようと思うのだけれど、 もちろん一応本物も持っているけど、球が小ぶりだし、 この季節に汗をかく舞台で、毎日するのもなんかなあと思うし、 ちょっと昔の... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/12 00:49
自主稽古
監督もお忙しいし、3作品作るしで、稽古の絶対量が少なめの今回。 もちろん、自分でホンはガシガシ読むのですが、 相手役と二人で自主稽古も。 公民館の集会室みたいなのの空き時間を探して抑えて。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2010/07/10 01:22
ぶん回し…ません(笑)
3作品とも、カラーが違うので、楽しんでいただける三本立てになるはずです。 我々のはがっしり心理劇…になるのかな? ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2010/07/06 00:52
二人芝居に出ます
なかなか更新の余裕はないのですが、いつまで気を持たせるんじゃーっとお叱りを受けそうなので。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/03 11:34
SDコース担当ひとまず終了
降って湧いたように6月頭にいきなり担当を振られ、爆走一ヶ月。 いろいろありましたが、とりあえず発表会とその反省会を終え、 今回の私の担当分が終わりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/01 13:36
あ、追伸
東京近郊のファンの皆様(ってほどファンの方々がいるのか、自分)へ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2010/06/25 23:21
とてもビッグなお知らせがあります!!近日公開!
お知らせしようと思いつつ、余裕が出来たら、と思って(本当に全く時間も体力も余裕なかったから)先送りしていたら、 さらにもう一つ、ビッグなお知らせが出来てしまいました。 もうねー、その知らせがあったときにはホントに信じられなくて。 「ひゃーひゃー」(のどの調子がイマイチで「きゃー」は出なかった)言ってしまいました。 私、ホントについてるの。ホント。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/25 20:29
ダウン
連続徹夜がたたって、今熱出してます。声出ません。 やっぱ一番繊細なところに来るのね。昨日今日、2箇所で連続レッスンだったし。 やばいなー、戻るかな声。商売道具なのに…泣きそう。いや、戻すぞ、絶対。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/21 20:28
今度は構成台本組みなおし
うーん。プロの芝居としては考えられないことなんだけれど、 ここ本番一週間前にいたって、出演できなくなった子が一人、ペンディングで待っている子が二人。 まあ、それぞれ事情はあって、しかも「生徒」なので、仕方ない部分もありますが。 他の、ホントに熱心にやっている子に負担がかかることを考えると、なんだかなあ、と思いますが。 私ら、「這ってでも行け」的な風に育ってきたので、なんか不思議で。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/19 11:27
オーディションに行って、効果音編集をして…
今日は、自分の舞台のオーディションに行ってきました。 自分で探して見つけたもので、作演出は映像系の有名な方で(好きだったなー、あのドラマ、明るくって) 小屋(劇場、っていうかライブハウス)もとても雰囲気があって、何かやりたくなる感じ。家にも近いし。 今、寝る間もない中で、よく行くよ、って感じですが、こういうときこそ動かないとね、 私今運周りがめちゃくちゃいいみたいだし。 まあ、今回のキャストに入れるかどうかは、キャラとかバランスとかの問題で、あなた任せなんだけど。 いいご縁が繋がると... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/19 03:05
教え子たちのライブステージがあります
この春から、代々木アニメーション学院のSDコースという3年生の実習クラスの講師をしています。 (アクティング・ファシリテーター…って、英語的に大丈夫でしょうか、ボスコさま) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 3

2010/06/15 00:25
Think.Think.Think…and don't think.Feeeeel!!!
東京は寒いです。めちゃくちゃ寒い。 昨日今日の雨の予報は回避されましたけど、本当に寒くて、 電車の中にはフリースを着た人、コートやストールをもう一度引っぱり出した感じの人、 ブーツの人がすごく多かったです。 私も「御役御免」袋に入れていたフリースを引っ張り出して、今着ています。 こうやって捨てるつもりのものが復活しちゃったりするのよねぇ、よく。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/31 01:29
いいこと、のたまご
昨日のログで、私最近ツイテル、いい運回りになってる、って書いたけれど。 今日また、とても素敵な話をいただきました。 まだ発表できるところには行かないけれど、 とってもとっても思いがけない、でもうれしい話(^^♪ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/30 02:18
新しいクラス
この間の日曜日(草むしりのあと)新しい演技クラスの第一回レッスンをしてきました。 先日ご報告したのとは別口で、急に決まったものですが、 こちらは、当面コンスタントに週一でやっていける予定。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/20 11:55
この春からのご報告
4月の頭に、「激動!!」というログで、書いた「思いがけないこと」。 あちこちでペンディングにあったり、変更になったりがありましたが、 ここでひとまず、ご報告させていただきます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2010/04/29 01:34
さぼってました、すみません
友人の芝居の受付前説のSOSが来て、そちらにつめていたり、 そんな週にかぎって、年に一度の団地の外掃き当番(落葉で一回1時間半くらいかかった)が回ってきて、 さらに二ヶ月に一度の全体草むしりの日があって、 バイトは途中から仲間にシフト代わってもらい司書→女優は途中で免れましたが、 掃除婦→女優の切り替えもなかなか時間がかかり、体力的にもめいっぱい、 またまた更新が滞りました。すみません。 空咳はまだやみません(というか劇場ホコリっぽくてひどくなった)が元気です。 どう元気なのか、こ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/15 22:39
秋のタルト
ずいぶん、もう半月も前になってしまいましたが、こんなの作りました。 サツマイモとリンゴを入れたスイートポテトタルト。 秋らしい材料で作ってみたくなって。秋のタルトと名づけました。 手伝いにいってた劇団の反省会があると聞いていたんで、それを狙って 人体実験にいやいや、食べてもらおうと作っていったのですよ。 出来上がりはこんな。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/30 23:32
演じることと自分でいること
最近、料理ブログやブックレビューブログになっちゃってるので、 たまには本業がらみで思うことを。今急ぎの書き物もあるので、手短に。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/11 00:23
ワークショップで感じた自分(ルティカネルワークショップ2009 その9)
「たいていの男には、一度抱かれてみてもいいかと思う」 …というエッセイを書いていたのは、誰だったろう。 宇野千代だったか、瀬戸内晴美だったか… それとも、私が勝手に頭の中で考えて、読んだ気になっている文章だろうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/23 15:12
いじめの構造?(ルティカネルワークショップ2009 その8)
最終日、打ち上げ飲み会があった。 たぶん、このメンバーで飲むのは最初で最後。 次の予定がある数人を除いて、ほぼ全員で飲みに行った。楽しかった。 前に書いた台詞渡しをやったあとだったから、カンパニーになれたなあ、という気分と もう二度と全員で掛け合うことはないという、結成式と解散式を一緒にしたような不思議な気持ち。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/23 15:08
インプロと後悔と読書(ルティカネルワークショップ2009 その7)
ワークショップが終わってからよく思い出すのは、最終日にやったインプロ(即興) 設定だけをルティが決め、その設定の中の自分として行動する。 ちょっとレベル高いなと思うのは、インプロの中で、この期間中に使ったチェーホフの台詞が使えるところがあったら、 自分の言葉をそれに切り替えて言っていくこと。 設定は今与えられたばかりの架空で、中の人物は自分で、言葉は自分の言葉とチェーホフのラインの混合。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/23 13:46
自分じゃない人になって歩く (ルティ・カネルワークショップ2009 その6)
今回のWSの中で、中心のワークではなさそうなのに私が一番驚きとともに実感できたボディワークは、 最終日にあった「メンバーの中の誰かになって歩く」という指示だった。 心の中で決めた誰か一人を形態模写するのではなく、ただその人になって歩く。 その人だということを表現してはいけない。その人のリズム、空間にいる感覚を感じて、ただ歩く。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/18 04:05
ラストワーク (ルティ・カネルワークショップ2009 その5)
一番最後のワークは、全員で円陣を組んで座り、台詞を渡していくものだった。 使う台詞は、WS開始前にそれぞれが選んで暗記したモノローグ、 期間中に指定されたそれぞれのシーンからの台詞。 その中の台詞に、この10日間に感じたものを言葉にのせていく、そして仲間に確実に渡す… これをやって、「カンパニーになれたなあと感じた」という言葉を、終わったあと何人もから聞いた。 私もそう思った。 あの人があの言葉を、とか。 あの言葉にあんな気持ちが乗っている、とか。 そんな一人一人がいとおしかった... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/18 03:27
久しぶりに惚れっぽくなった (ルティ・カネルワークショップ2009 その4)
あんまり重げな話を書いたので、ここらでちょっと脱線。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/18 02:46
引き寄せちゃいましたの法則(ルティ・カネルワークショップ2009 その3)
自分の中身が動く具体的な「個人的な体験」を、自分の中でクリアに感じることを要求されたこの期間中。 鎖と錘をつけて注意深く心深くに沈め、それでも浮かび上がってきて涙がこぼれるあのこと。 たくさんの本を読むことで現実逃避し、抑えつけてきたあのこと。 恐る恐る、解き放った。甦らせるのは容易だった。いや、本当は一時として忘れたことなどなかった。 それでも極力触れないようにしてきた傷口に、あえてごしごしと粗塩を擦り込む。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/18 02:00
ぐるぐるインサイド(ルティ・カネルワークショップ2009 その2)
参加前に危惧していたのは、一つは身体のことでした。 3年前に参加したときにはちょっと引っかかるかなってくらいだった左股関節の故障。今治療中。 今年の頭は30分と座っていられなかったくらいだったし、今も、あなたすぐ無理するからダメ、と言われてる(w でも、杞憂でした。 ルティさんのWSはものすごく身体を使わせるし、体組織が10日で入れ替わったんじゃないかってくらい汗かくし、 普段使わないようなところも使う、しないような動きを要求するけど 自分の身体に尋ねろ、今日はどこが動きたいのか、ど... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/17 23:22
ルティ・カネルワークショップ2009 その1
早いですね。 もう終わって、10日もたってしまいました。 総括を総括を総括を、と思いつつ、なかなか書かないのは、やはり恐怖心なんだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/17 22:09
バイト再開と両国再訪
ワークショップ総括できるほど更新時間がないので、一言だけ今日のご報告。 総括で書きたいことは山とあるので、それはおいおい順々に。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/09 02:13
肉体と精神
終わりました。 この10日間、シアターχで行われていた、 イスラエルの女性演出家、ルティ・カネルさんのワークショップに参加していました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/08 00:09
イメージキャスト遊び
自分の人生に起こったことをドラマにしたとしたら、 自分の役をやるのは誰か、という遊びをメル友としたことがある。 ドラマに書いてもウソくさいと思われちゃうような経験をしちゃったせいもあるけれど、 なかなか面白い遊びだった。 自分が思ってるのと、人からいわれるのがぜんぜん違っていたり、 なるほどなあというキャスト選考理由だったり、へえそんな風に見えてるんだって驚いたり。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/29 00:58
やるべきか否か
考えること。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/22 00:19
金になるとかならないとか
私が女優仕事を請けるときに基準にしようと思っているポイントがある。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/06/11 17:44
場を持つということの難しさ
実は、今年の夏に、11月末の舞台の話があった。 久方ぶりの芝居で、有名作家の戯曲(洋物)で、主役のチャーミングな女性の役だった。 あるグループの旗揚げで、オーディション募集があり、私はスケジュールで応募できなかったのだが 演出の方が私のサイトを見に来てくださって写真等を見た上で、一度会いたいと言ってくださったのだった。 お会いして、私の芝居に対する考え方とか、あちらの新集団への意気込みとか、 初対面なのにいろいろ盛り上がってお話した。 ただ、こちらは一人だったのだが、先方が制作担当と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/23 02:35
芝居が終わった日常と介護食
またまた更新が滞ってすみません。 芝居のあとのいつもながら、といいますか、いろいろあっていつもにも増して、 社会復帰が遅れて、一人の時は泣いてばかりおります。 まあ、後述する理由で一人でゆっくりできる時間があまりなく、幸か不幸かって感じなんですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/02/05 01:25
本日昼夜あります
toshizoさま、コメントありがとうございます。 日本では、小劇場はマスコミや中大劇場への通過点みたいに扱われていますけれど、 本当はものすごく贅沢なものだと思います。 一回あたりどうやっても50人のお客様に向けて、スタッフキャストが時間と手間と精魂込めたものをお目にかける。 500人の小屋でも1000人の小屋でも、そのかかるものはほとんど同じです。 そう思うと、贅沢な感じがしませんか? 逆に言うと、お客様まで含めて、劇場の空気を作るスタッフキャストである、と。 あなたがいてくだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/01/20 09:51
きえものがかり
初日、開きました。 おかげさまで、満員のお客様においでいただき、涙でそうだった、などといっていただく作品になりました。 私の役もパンフレットの役名紹介が「???」…どんな役やねんという役ですが、 かっこよかったよ、とか、違いが見えた、とか、大変な役だけどよかったね、とか ネタバレしちゃうので、あんまり書けませんけれど、いろいろ予想以上に好感触の言葉をいただきました。 まだお席余裕のある日もございますので、笑ってほろっとして考えさせられて…一本で三倍お得な 少年ギ曲団『ヴィーヴル《生き... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/19 02:02
いよいよ、初日です。
みぃさま、コメントありがとうございます。 そうよねー、やっぱ、男は(女も)仕事姿よねー。大賛成! 久しぶりに現場の空気吸いにいらっしゃいませんか?ぜひ見に来てね! …と、いうことで、稽古中のスタジオのスタッフ側を撮ってみました。 演出、舞台監督、音響、照明、装置…ほぼ全ての方が揃ってます。 シャイな方が多いので、ほとんど盗み撮り…っていうか、私はこういう写真が好き。 「はいチーズ」で撮るより、絶対自然な表情が撮れるので。 ちょっと光量が足りなくて、甘ピン気味ですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/01/18 00:59
間もなく、公演です
いろいろと、自分自身の中の整理がつかなくて、引き伸ばしてきましたが これ以上いくと間に合わなくなるんで… 芝居に出ます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/03 00:04
プレゼントするということ
人に何かをあげることは難しい。 自分より若い、女の子とかだと、何かかわいいものとか、あっても困らないものとかわかりやすいのだが、 自分より物も金も経験も潤沢に持っている人の場合、こんなものあげてもなあ、なんて悩んでしまう。 やっぱりあげるからには、その人にとって必要なもの、使ってもらえるもの、似合うもの、 足りなくて困っているもの、なんとなく欲しいけど自分ではなかなか買わないものなんかがいいと思う。 自分がもらうときも、そうだから。 丁度欲しかった!必要だった!なんて物をもらうと、あ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/06 23:00
ルティ・カネルワークショップ(@シアターΧ)その3
で、ワークショップ(以下WS)で何を追求したか、というと、これがまたなかなか文字にするのが難しい。 このブログも、何度も書きかけては挫折して。もう一週間。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/28 18:03
ルティ・カネルワークショップ(@シアターΧ)その2
さて、12日間のワークショップ(以下WS)で何をやっていったかというと、これは言葉にはしづらい。 見てもらえば、なるほどと思ってもらえるんだと思うけど。 とにかく、体を使い、想像力を使い、場を使い、道具を使い、声を言葉を使い、相手や仲間を使い、 自分を、相手を、仲間を、空間を、物を、トランスフォームさせていく。 それも双方向で、外を変えることで中の変化を感じたり、中を変えて外にどういう変化が出るのかを探ったり。もうホント、手を変え品を変えって感じ。 中には、何を求められているのか、その... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/28 17:42
ルティ・カネルワークショップ(@シアターΧ)その1
今年の夏の私の一大イベントがこれ、シアターΧで行われた 「ルティ・カネルと行うパフォーミングアーチストのためのワークショップ」 シアターΧがイスラエルの演出家、ルティ・カネルさんを招き、ワークショップも一般には告知せず、 参加者もシアターΧ側から『参加して欲しい人』に声をかけて一本釣りしたものだ。 実は私はこの夏、もう一つ別のワークショップに参加するつもりでいて、そちらのプレワークショップにも参加し、 もう今日こそ申し込もうと思っていたその日に、シアターΧからお誘いをいただいたのだ。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/26 22:03
見る目のあるなし(芝居とか、直木賞とか…)
泳ぎ続けていないと腐って死んでしまう、回遊魚みたいな凛です。 賭けていた『素の会』が終わって、必死で鬱に落ちないよう踏ん張っているのですが、 今さっき、期待していたワークショップに一つ蹴られて、また「殺す気か!」と落ち込んでいます。 一応、すぐ次の手も打ちましたけども…辛いっす… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/15 12:42
La Compagnie An 小峰公子をよむ おどる+罠の狼
みぃさまお久しぶりです。私、雨女じゃないんだけどねー、舞台の時とかあまり雨降らせたことないし… 私もコンタクト族なので、風女の辛さ、解るわ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/09 01:07
私はまだ闇の中ですが
このサイト(超有名なサイトですので、ご存知の方も多いはず。国語学的にも、表現者の端くれとしても、 いつも刺激を受けたり、あははと楽しんだりしています)のこの記事の、 「料理」とか「技術」という言葉を「演技」「芝居」と読みかえると、 ほんとにああそうだなあと思うことばかりです。 第19回あたりから特に。私は20回が一番響きました。 物事、何でも大事に真剣に突き詰めると、行き着くところは皆共通なんだとよく思うけれど、 こういうのを読むと、ほんとにそう! と感じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/04 21:08
フラと演技と信じる力
前にも書いたけれど、フラにはまっている。 芸事というのは(大人になってからやる場合特に) この人なら!と思える師匠に出会えるかどうかがとても大事だと思うのだが、 私も、何の気なしに出たスポーツクラブのクラスで、先生に当たってしまった。 たぶん、この先生でなければ、ここまで短期間に、ここまでのめり込む事はなかった気がする。 かっこいい。何がかっこいいって、その姿勢だ。スポーツクラブのクラスだからって容赦がない。 大抵こういうところのダンスクラスは「運動代わりにそれらしいものをやってみま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/01 01:49
たまには、お仕事した話(ネイビーファイル)
…と、辛気臭い話もナンなので、久しぶりに現場のお話(^^)v ちょっと前になりますが『犯罪捜査官 ネイビーファイル7』の吹替に参加させていただいてきました。 この作品はJAG(アメリカ軍犯罪捜査本部)の捜査官たちの活躍を描くドラマで、 一般の犯罪とはちょっと違った、軍隊内の事件解決や、裁判が描かれています。 現在スーパーチャンネルでシーズン7が放送中 (今日が143話、私が出たのが151話なので、まだだいぶ先) 放送前のものは、ネタバレを気をつけなくっちゃー。ああ、懐かしい感覚(^^... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/04/30 00:48
素人さん、恐るべしその1(東大演劇同窓会)
TAIさまご無沙汰しました。 コメントありがとうございます。 ホント、皆さんにご心配かけて…すみません。 でも、そんな風に私のことを、ふっと思い出してくださる方がいる… なんだか心の中がふわっと暖かくなって、ああ、ここにいていいんだなあ、って思える気がします。 本当にありがとう。まだまだいろいろあると思うけど、 そんないろんな人の気持ちが私を支えてくださっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/23 22:52
ご無沙汰しすぎ…m(__)m
Fidoさま お久しぶりです!! 書き込みありがとうございます。 ってか、皆様、お久しぶりです。更新サボっていて、すみません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/04/20 01:03
少年ギ曲団『シックザール』
ハイ、更新をサボっている凛です。 今までのブログの流れからいって、鬱スパイラルにつかまって地獄の底まで沈んでいると ご心配くださっている方もいるか(いないか?)と思いますが、 なんだかそれどころじゃない状態に巻き込まれて、怒涛の日々を送っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/03/23 10:00
見てきましたよ、劇団青年座『評決』
ブログ記事でご紹介した『評決』やっと見てきました。 いやー、おもしろかった!!! 知り合いがいるからって、お世辞じゃなく! 新劇の劇団の芝居を見て、こんなにおもしろいって思ったこと、ないかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/19 03:26
他人の宣伝、の続き
前のブログ記事でお知らせした劇団青年座『評決』ですけれど、 劇団サイトのトップページ(たぶん日替わり)の今日(13日分)の写真のセンターで立っているのが、 『ポプコーン…』のときの演出家だった山口さんです。 http://www.seinenza.com/index.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/13 14:06
う、うう、イ、イチロー…
古畑任三郎ファイナル、ご覧になりましたか? もう、すごい…なんといったらいいか解らない。 スゴイ人って、何をさせてもスゴイというか、 せりふの言い方なんか、付きっ切りで一言一言直す事だってできるけど、 ただ黙っている目なんか、あの位一つの世界を突き詰めた人が醸し出すものに、ちょっとやそっとの演技者が敵うわけないってのも、はなから予想がついていたけど、 そういうのじゃない、本当の演技上の目線をはずすタイミングとか、 あるいは逆に伏せてた目をキッと上げる瞬間とか、 相手の呼吸を拾って、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/01/04 23:37
男は、体っ!(スポーツマンNO.1決定戦)
まずは、いつも私を支えてくださる皆様への、コメント御礼から。 >みぃさま、PIPさま リアルの桜澤凛や、中のC.Kをご存知の方には、必然的にこの欄やネット上における「守秘義務」が生じます(笑) お二人とも、かなりヤバイとこ渡ってますよ。よろしくお願いいたしますですm(__)m PIPさんや。「ここでかけないような悪さ」って、あのことか、そのことか、このことか??(^_^;) トイチ高いな。それだけの事があるなら申し込まないこともないが、三日間のお試しは何回まで有効なんでしょう? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/01/02 23:19
謹んで初春のお慶びを申し上げます
(私が今年お出しした年賀状です。個人的に住所を存じ上げない方、リアルではお顔を存じ上げない沢山の方々、この場をもって新年のご挨拶をさせていただくことをお許しください) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/01/01 00:37
書くことで考えをまとめ、読まれることで支えられてきた
私の本サイトの掲示板をご覧になった方には、ちょっとかぶっちゃう話ですが。聞いてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/12/27 00:58
TAI様にトラバ!
一応、昨日の記事で『ポプコーンの降る街』関係を総括、終了しようと思ってたのですが。 (なんたって、情が深すぎて、ぐずぐず引っ張るのが、私の悪い癖なんで) 久しぶりに自分の名前でネットサーフィン(ヒマ!)していたら、 TAIさまが観劇記事を書いてくださってるじゃありませんか!(こちら) もう、奥ゆかしいんだから。トラックバックしてくださればよいのに(^_^;) …と言うことで、終わっちゃって今更なんですが、こちらから逆トラバ。 パンフや、チケットや、終演後お配りしたポプコーンの写真まで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2005/12/23 22:20
うれしい!感想
まずはコメント御礼 TAIさま、ご来場ありがとうございました。 作品内のセリフじゃありませんが、初めてリアルで「やっと、会えたわ!」 ネット上でお話しするだけでしたから、不思議な感じ。 ほんとに全身全霊かけていた作品なので、その姿を見ていただけることがなによりうれしかったです。 結構いい女だったでしょ?(^_-)-☆ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/12/22 11:36
そこで、確かに、生きていた
『ポプコーンの降る街』公演が無事終了しました。 ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2005/12/21 13:26
カーテンコール
わたしはよく踊っているときに顔が違うといわれる。子どもの頃から踊る快感を知ってきたからかも、 「自分がいい女になったような気分」を信じられるのが心地いいからかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/18 08:08
熱い二人
金曜マチネもご覧になって、女神(み群杏子さん)は大阪に帰っていかれました。 「今まで見た『ポプコーン』の中で、間違いなく、一番熱い二人だと思います」の言葉を、川野さんと私に残して…。 うーん、誉め言葉だろうか。それとも、やりすぎ? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/17 08:36
女神降臨!
2日目の公演に、作者のみ群杏子さんがおみえになりました。わざわざ大阪から。 ドキドキしました。だってさ… 「こんなの、私の描いた世界じゃないわ!」「あの『女』はあんなじゃない」「私のポプコーンを返して!」…なあんてことになったら…(T_T) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/16 07:47
魂と心
相手役を乗せ、お客様を乗せ、そして自分自身を乗せるのが役者の仕事。 そのために、(他の役者さんはどうだろう?あくまで私の場合は、ですが)いろいろな手段を使います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/15 10:10
あれから、今日まで
顔合わせがあったのは、夏の終わり。 私は、塾の夏期講習の最終日で、全てのコマを終わらせ、 無理やり「先生モード」を脱ぎ捨て「女優モード」に切り替えて、少し遅れて稽古場に到着しました。 ほとんど面識のない人ばかり。主宰の川野さんを、そういえばあった事があるのかな?という程度。 なんか怖そうな演出家。ベテランの俳優さん、若いかわいい女の子、ちょっとイケメンのお兄さん… 公演は、まだまだ3ヶ月以上も先… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/14 10:01
神様と王様と恋人と…2
前回の続き。 うーん、たぶん「18禁的表現」が多発しますが、至極まじめな内容なので、よい子は心して聞くように。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/13 11:13
神様と王様と恋人と…1
「作者は神様、演出家は王様、共演者は恋人」 いつもそう思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/13 10:16
牧口さんと智ちゃん
5人の出演者のうち3人のお誕生日を祝った、『ポプコーンの降る街』稽古場ですが、 残るお二人は、相対的(いつも牧口さんがおっしゃるように役者に年は関係ないけど、 ただ、われわれ5人の中ではたぶん一番上という意味での相対的)最年長の牧口元美さんと、 最年少の宮田智子さんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/12/12 09:37
幸せな誕生日
稽古が終わったとき、不意に稽古場の照明が落ちました。 (もう照明も仕込んであるので…舞台関係者なら14日初日なのに?と驚くところ。それはさておき) 劇中で使われている♪アネマ・エ・コーレが音響から(これも仕込み済み)流れる中、 舞台上にケーキが…。 なんと、今回の芝居5人の出演者のうち3人、 山田純さんが9日、川野さんと私が10日の生まれなのです。 それを祝ってくださるサプライズだったのでした。 なんか、すごく感動。稽古場や劇場で迎える誕生日って初めてでした。それもこんな幸せな稽古... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/12/11 09:31
同じ釜の飯を食う
まずはコメント御礼。 PIPさま。 ええ、エロ凛上等とファンの方からメールもいただいておりますし、全開バリバリで行きますわ。 だって、アドレナリン出まくり、エクスタシー寸前なんだもん!(こらこら、また) 今回私は3本の二人芝居を一時間半で連続してやっている感じなので、 肉体的にも精神的にもギリギリでやっていますが、 前にあの二人芝居を経験していて、本当に良かったと思っています。 あのときの演出、相手役、そしてなにより作家さんに、凛が心から感謝をしていたと伝えておいてください。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/09 10:31
やっぱりエロくなってきた(芝居と私)
前にも書きましたが、演技にのってくると惚れっぽくなるって話。 こちら読んでみて(^^ゞ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/12/05 09:49
芝居の稽古
まずはコメント御礼から TAIさま。 CSIマイアミ見てくださってありがとうございました。 殺されちゃってて出番全てが回想なので、台本にはずっと加工マークがついてて、 どうかなと思ってましたが、フィルターかけても声わかるんですね。 (直でメールくださるファンの方も解ったといってくださってたし)なんかうれしいな(^^ゞ PIPさま。 川平&天海がモロ舞台演技、それもミュージカル演技してたのがいかにもで、ツボでしたよねー(^_^;) まっぴーさま。 Mixi ではお世話になってます... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/11/25 23:50
久しぶりのドラマ吹き替え
いつもながらに、前回のコメント御礼から。 おリモさまご無沙汰してます。 あれは、ほんとうに楽しい力試しですよ。ノーギャラ、交通費のみなので、プロのお友達は声かけにくいのだけれど。 たまに人探ししてることもあるようなので、ここでやりたーいと叫ぶと、読んでる関係者がいるかも? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2005/10/12 01:41
戯曲を書く人、語る人
わたしはこう思っている。『作者は神様、演出家は王様、共演者は恋人』 この言葉については、またゆっくり書くことがあると思うけれど、とにかく今日はその「世界を作っちゃう」神様達の話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2005/10/09 16:03
美人度三割増
森川佳紀さんのサイトにトラックバックします。そちらの読者さんこんにちは。 以前劇団フライングステージ『SKIP』で森川さんと共演させていただいた桜澤凛です。 うちの読者さん、森川さん(ってなんか他の人みたいだな、いつもの呼び方にしよう)もりぴーは もうすぐ舞台本番なんで、詳しくはそちらを参照してください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/21 23:55
舞台『遺族達』千秋楽
まずは、こちらを片付けましょう。 例の件は、夜にでも、ゆっくり…ってか、一回じゃすまないと思いますが… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/04 13:07
芝居の難しさ、おもしろさ
毎日同じ台本を同じ人たちとやっているのですが、 絶対に毎日同じようにはなりません。 その時その時の気持ちで言い方も間も微妙に変わり、さらに受ける側も変化していく。 その場の空気を作ってくださっている、お客様が毎回違うからかもしれません。 何を間違えたわけでなくともなんとなく微妙に掛け違って、取り返そうとしてドツボにはまったり、 自分でも思ってもいなかったリアクションが自然に出て、後から「そうだったのか」と納得したり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/06/30 23:29
こんな頭で(地毛+付けまげ)
何がどう足りないというわけではないのだけれど、 やっぱり、無事に初日が開くのかどうか、開くまでは不安なものなのです、役者は。 開いたよー、よかったよー、一つほっとしたよー(T_T) おかげさまで、昨日の評判もよく、意外とちゃんと「和物の人」になっていたよと言われて、 ちょっとうれしい凛です。 共演者、スタッフ、いろんな方のお力をお借りして、何とかそう見せていただいているのです。 もちろん、なによりお客様も(^_-)-☆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/29 11:36
Show must go on!(シアターX初日です)
小屋入り。劇場本舞台での舞台稽古です。 いろんなことが起こります。 今まで何回稽古しても起きなかったことが起こります。 劇中の消えもの(食べ物)で共演者がむせる、水がこぼれる、 挙句の果てに、私、演技ですっと目線を流したら、コンタクトがずれた!! 瞬きしたけど、戻らない。眼の中にある感触はあるんだけど。 結局、芝居後ろ半分、そのまま演技しました。こんなの初めて。落としたのでなくて不幸中の幸い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/06/28 01:31
アジサイとお滝さん
雨の季節に似合う花といえばこれ、アジサイです。紫陽花という表記も好き。 学名の「ハイドランジア」は、水の容器という意味らしい。やっぱり雨とは切っても切れない。 七変化、って言う別名もあるそうです。色変わるし。五音だから俳句にも使いやすいんだろうな。 花言葉は「移り気」。これも色が変わることからでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/24 00:48
お相撲さんの街
芝居の稽古場は、今回の劇場がある両国。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/06/22 01:35
現代伊系米人と昭和初期日本人
どちらが私に近いのか。 現代のイタリア系アメリカ人と、昭和10年ごろの日本人。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/06/21 00:57
芸術、芸能の類なんてのは
虚業だよなあ、とつくづく思う。 米を作る、とか、家を建てる、とかいうのと違って、 今日世界からなくなっても、誰も生きていくのに困らない。ちょっと淋しくなるくらい? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/06 15:09
芝居見られない病は…『We will rock you.』観劇
>PIPさま、コメントありがとうございます。 そうねー、あの作家さんなら、引き出し開ける為だけに一本書きかねない。いじめっ子だし(^^♪ さすがに、京劇立ち回りは人前で披露できるほどの技量ではないけれど、 作家や相手役をインスパイアするのも女優の仕事のうちと思っているので、 せいぜい精進を重ねることにいたしましょう(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2005/06/06 00:21
この写真は私ですが(京劇観劇)
北京京劇院、京劇水滸伝『野猪林』を見た。すごかった。 中国語はちょっとしか解らなかった(日常会話の片言がわかるだけだから当たり前か、 日本語の片言の外国人が歌舞伎の常磐津聞いても解らんだろう事と一緒)けど、字幕あるし、 衣裳が色鮮やかで美しいし、 何より、体技が素晴らしかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/06/04 13:11
エロくなる話
友人の芝居を見てきた。 今私は女優さんの出ている芝居が見られないのだが(この件詳しくは書ければそのうち書くかも) これは男性の二人芝居なので安心だ。 『セイムタイム・ネクストイヤー』という(訳すと「来年の今月今夜」って『金色夜叉』かよ!!といつも思う) 25年間、年一回同じ日に浮気密会をしている男女のお話の戯曲(いつかやりたい!)があるのだが、 今回はそれを、日本の、ゲイカップルに置き換えた話。 出ていたのが二人とも大好きな役者だったので、それだけでも楽しかったのだけれど、 なんだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/03/23 11:33

トップへ | みんなの「芝居」ブログ

凛の、ちょっとした思いつ記 芝居のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる