凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS ウィンザー総括12 あんなことこんなこと

<<   作成日時 : 2016/12/25 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

笑いをとるのはむずかしい。演出にも言われたし、ダンさんにアドバイスもらったりしたけど「かごがある」は結局キメられなかった。
でも笑っていただくのは気持ちがいい。ラスト騙されてアクビみたいに口あんぐり開けて、ドクターとともにラグビーに「あっほーあっほー」と言われ笑いがわくと、やったね巴菜ちゃんと心でガッツポーズしたくなる。

ラグビーとして、ページ家に遊びに来たいとtweetくれた巴菜ちゃん(もちろんメグとして「おいでなさい」と返信した)
早い時期から「どうしてページ夫人はロビンが欲しいと思ったんですか?」ときいてくれた野々ちゃん(考えていなかった視点だった)
その役の人として嘘なく舞台上にいるために、まっすぐアプローチをしてる人たちが大好きだ。
トムくんなんて、側見さんに活かしていただいて、どうしたってスレンダーさんでそこにいる。すごいなあと思う。

リンゴと少年3人組の有機的なつながりは、もう原作に書いてないとは思えない。この演出の構成力には脱帽する。
私の中にこの少年たち主人公のスピンオフ童話ができてしまった。忘れないうちにメモしておこうっと。

ああ、ほんとにほんとに死ぬほど大変だったけれど、楽しかったなあ。
楽しい、と思えるように終われて、本当に良かった……

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ウィンザー総括12 あんなことこんなこと 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる