凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS ウィンザ−総括5 Mr. and Mrs.Page

<<   作成日時 : 2016/12/23 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

夫婦役とはいえ、夫ジョ−ジとはほとんど絡むシ−ンがない。会話するのは終幕、いきなり娘の衣裳トリックをバラすところくらい。あとは集団の中に一緒にいるだけ。
演出はこの街に真実の愛はエバンスウィリアムの師弟愛だけというし、夫婦の会話はお互い上の空だというし……倦怠期夫婦なんてそんなものかも。

と思っていた稽古の最終盤、お忙しい仕事を終えてむかいさんがいらして、本役がそろっての棍棒乱闘シ−ンになったら、
気づけばいつの間にか、私は夫の背中にかくまわれていたのだ。
あら、ステキ。メグは他のシ−ンでもジョ−ジに「叱られる」と言ってるくらいだから、庇護されている、そういう関係性なのね。

そうしたら、セリフがなくても、夫婦の関係はできてしまった。
最初の演出指示とは違うけど「仲は悪くないけど目論見の違う夫婦」

そこができたらさらに、やっぱりほとんどセリフ絡みのない息子ウィリアムともちゃんと関係が成立し、通りすがりにスパンと頭ひっぱたいても、ちゃんと母であった。(この面白い頭ひっぱたきプランをサジェストしてくれたのはウィリアムロビン本人たちだ。1幕1場で姉アンにひっぱたかれるのと呼応していてステキだ)

終幕、アンが 両親をだましたと告白するとき、恋人たちのつないだ手から彼女に目を移すと、彼女は必ず泣きそうな顔をする。その時私はいつも「ああ、この子産んだわ」と思う。クイックリ−さんに言われる通り,その時メグ・ペ−ジはウィンザ−中で一番情が厚い。

遊びで撮ってもらった家族写真だけれど、演技してないのに空気感が家族と言われるのはとてもうれしい。
セリフがない分、中から生まれてきたものだからね。

同じメンバ−の写真、オフショットに写っているのは20代女性二人のはずですが、こちらもどう見ても息子娘にしか思えません(笑)
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ウィンザ−総括5 Mr. and Mrs.Page 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる