凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS ご来場ありがとうございました

<<   作成日時 : 2016/12/23 08:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『ウィンザーの陽気な女房たち』ご覧いただいたお客様、支えてくださったスタッフキャストの皆様のおかげで、無事千秋楽を迎えることができました。
今日一日、私の頭の中でずっとギターとエンディングテーマが流れていました。
こんな企画があるんです、と川野さんに喫茶店に呼び出された6月からの事が走馬燈のように頭を巡っています。

こんな素晴らしい座組ができたのも主宰の長門さん、さちさんご夫婦のお人柄とご縁を大切になさるお気持ちゆえと思います。
その大切な場にお呼びいただいたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、もう女優はできないのかなといつも思う私を、何年も、何度も、芝居場に引き戻してくれた川野さんにも、いくら感謝しても足りません。

座組精神的支柱としての側見さん。素敵でした。
槇さんの具体的なアドバイスがなければ、今日の日は迎えられなかったと思います。
肇さんの音楽、「陽気な女房」のあのテーマがなければ、私はどこかの時点で立ち上がれなくなっていたかもしれません。
むかいさん、鳥居さん、五明さんの優しさ、ダンさんたくまさんのユーモア、百年先俳優会の若い方達にも様々な面で本当に本当に助けていただきました。
反面、大人の仕事場としては、ビックリなこともいろいろありました……

介護看護もろもろで声優プロダクションを出てから所属のない私には、一つの終わりが毎回「女優としての閉幕」かもしれないとの思いがあります。恐怖でもあります。

最終回を見てくださった劇団大樹の演出家斉藤さんのこの芝居とは関係ない一言に、私の最後の十日間がストンと腑に落ちました。
その気づきを書き出していったら、軽くノート3ページになりました。
自分の覚え書きのためにも、地方にいて今回来れなかったことを残念がってくれてる友人ファンの方のためにも、そしてもしかしたら先に失敗した人間の経験が活かせるかもしれない若い方達のためにも、もうしばらくこの芝居に関する記事を書いておこうと思います。
死んだ子の歳を数えるようですみません。

ひとまずは。
皆様、本当にありがとうございました。

我らは勇敢で、陽気な仲間!
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ご来場ありがとうございました 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる