凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS プロの技 その1 二十五絃筝

<<   作成日時 : 2014/11/26 00:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回の第1部『カスタネットの月』と第3部のリーディングセッションでは、音楽は生の二十五絃筝が入ります。
小さなステージなのに、とっても贅沢です。
稽古で2回、筝奏者の荒井美帆さんのお宅に伺い、合わせをしました。

すごいなーと思うのは、演出家の「こんなイメージの音がほしい」に応えて、次々と、アドリブを紡ぎ出すこと。
「○○(有名なアニメのテーマ)みたいな曲」といわれて、すぐにその曲を弾き、
さらに「そのままじゃ著作権的にねー」といって、あっという間にアドリブでアレンジしたオリジナルを…
惚れ惚れしましたねー。さすがプロ!! かっこいい。

筝の生音、すばらしいです。それだけでも、ご来場の価値があります。
もちろん、我々語り手も、それに負けないようにしなくては…もちろん、プロですからね。


劇団大樹 小公演プロデュースVol.6 
月と語りとアンサンブル 『カスタネットの月』
こちら劇団サイト

作・み群杏子 演出・斉藤貴 製作総指揮・川野誠一

日時 12月 3日(水)14時 19時
         4日(木) 14時
場所 Performing Gallery&Cafe 絵空箱 (有楽町線江戸川橋1b出口徒歩3分) アクセスこちら

チケット 3500円(チケット2800円+ワンドリンクチケット700円) 日時指定、自由席
  カスタネットの月をイメージしたオリジナルカクテルも用意されるそうです。

お申込み・お問い合わせはこちらメールフォームから


ご連絡お待ちいたしております。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
プロの技 その1 二十五絃筝 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる