凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013読書冊数と今年の1冊目

<<   作成日時 : 2014/01/14 02:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

本を一冊読み終わると、7.5p角の付箋1枚に読書メモを取ります。
書名、著者名、値段、読了日、本によっては、簡単な内容や感想、印象に残った部分の書き抜きなども。
このサイズですから、大した量は書けませんが。
んで、これが2013年分。
画像

2012年までは一か月ごとにルーズリーフに貼ってたけど、サボってたら1年経っちゃった。ちょっとした山。

んで、これには、年の頭から通し番号が振ってある。
一番上(最後)は…199!
あ、もちろん、全部が文芸書ではなくて、すぐ読めちゃうイラストエッセイとかもカウントしてなので、
私がスゴイ読書家、な訳では全然ありませんが。

しかし、別に冊数を稼ごうと思ったわけじゃないけど、199という数になんとなく「惜しい!」と思ってしまいました。
個人的年間ベスト1とかも、そのうちレビューできたら、と思ってますが、どうだか(笑)
前は、毎月読んだ書名をここにアップしてたのに、それすらもサボってるもんね。

そして、2013年200冊目にして、2014年1冊目となった、年またぎの本はこちら。

政と源
集英社
三浦 しをん

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 政と源 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


やっぱり、年の初めの一冊はその一年を占うのでハズレのないものにしたくてねー。手堅く、三浦しをん。
感想は、また改めて。面白かったですよん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
2013読書冊数と今年の1冊目 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる