凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS 私が音楽系司会をする場合のアドバンテージ

<<   作成日時 : 2013/11/27 18:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

この間、コンサートMCをやっていて、本番中にはたと気づいた。
私はかなりコンサート司会に向いている人材に育った、育てていただいたんじゃないだろうか、と。
それは、私自身がそうなろうと思って身に着けたのではなく、
私の環境により門前の小僧的に身についたものや、まったく違う経験が役立ってしまった結果であるのだが。

大きくまとめると、気づいたアドバンテージは以下の三つ。

@楽曲を知っていることが多い(特にカンツォーネ、セミクラシックなどの場合)。
A日本語、敬語の知識(特に国語学的知識)があり、それに沿ったいろいろなスタンスの司会が可能。
B「出演者」と「舞台スタッフ」と「歌手の家族」の気持ちが全部わかる。

芝居と違って、司会は「他人様のものをお預かりしている」感、「ゴメンナサイがきかない」感が強い。
胃に穴が開きそうな責任感と瞬発力の嵐の中の仕事なので、若い頃から決して「やりたい仕事」ではなかった。
だが頼まれてやりやりするうちに(つたない頃を我慢して使ってくださった方々のおかげで)
いつの間にか、いろんなものが自分の中に蓄積されていったのだなあ、とつくづく感じた。

長くなるので詳細は別ログにするけれど、
これ、活かさない方法はないかもなー、と思った。
わたし的には、一番肝心なのはB番だと思う。

もし月に何件かできたら、バイトの拘束分が出ちゃうかも。それってすごいよね。
まあそれだけ元手もかかってるし、営業もしなければだし、最初はそうそう仕事もないだろうけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
私が音楽系司会をする場合のアドバンテージ 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる