凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS 24日、毎日新聞朝刊に

<<   作成日時 : 2012/11/25 02:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

みなさま、ご無沙汰いたしております。
いろいろご心配いただいて、覗きに来てくださっている方もいるようですのに、
なかなかネットに入る時間がなくて、経過ご報告もできず申し訳ありません。

父はおかげさまで今のところ順調です。
改めてもう少し詳しく書きに来るつもりでいますが、10月1日手術、17日退院
11月5日分子標的薬グリベック再開(9月4日休薬開始)で、今のところ大きな副作用は出てきていません。
手術前の投薬時も、副作用は1ヶ月を過ぎてからが酷かったので、ドキドキしておりますが。

ネコのぴゅーも具合が悪くて、一時は要介護度5という感じ、とうとう覚悟しなければならないかと思ったのですが、
ここ1,2日目覚ましく回復してきて、ちょっと胸をなでおろしています。
ヤツは8月にもひと山越えてくれたので、本当に生命力の強さには勇気づけられます。

さて、別件です。
今朝(もう日付変わったから昨24日)の毎日新聞朝刊一面に、
『新 命を削る〜心の負担、上』というコラムで、グリベックのことが書かれていました。
目にしたのがバイト中でしたので読むことはできず、さーっと流し見しただけですが、
白血病の方の事例で、薬価の経済的心理的負担についてのコラムのようでした。
以前NHKで特集された→これ、と同じような切り口かと。
それでも五大紙の一面にこういった問題が取り上げられ、沢山の方に認知していただくのはとても重要なことではないかと思います。
GISTのこと、分子標的薬のことをご存じない方にこそ、たくさん読んでいただきたいなと思いました。

もっとお詳しい方がいらっしゃるとは思いますが、、偶然目にいたしましたのでご参考までに。
(うちもとっているのは朝日なので、仕事場で目にしなければ知らないところでした)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
24日、毎日新聞朝刊に 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる