凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS どうしてそんなに急ぐのか(原発再稼動)

<<   作成日時 : 2012/04/10 20:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新潟に向かう高速道路に刈羽村という表示がありました。
道路自体は結構内陸にあるらしく、原発自体は見えなかったのですが。

そのあたりは、見渡す限りの平野、田んぼでした。
まさに、「魚沼産コシヒカリ」の産地。大穀倉地帯です。

新潟は、さすが米どころだなあと思うのは、SAやちょっとした食堂やホテルの朝食バイキングでも、
ご飯と味噌汁がむちゃくちゃうまい!
観光地の間に合わせご飯だろうと思うところでも、レベル平均自体が高いのか、うまい!
(ついでに、日本酒もうまい!)
コメの飯、大好き!幸せ!

どこまでも広がる田んぼの中を走りながら思いました。
もしも…
ここで、福島で起きたような不幸な事故が起きたら…
この、見渡す限りの田んぼが、日本一美味しいコメの取れるこの一帯が、耕作禁止になったら…

いや、もしもじゃない。
ここは、中越、中越沖という二つの大きな地震も経験している。
柏崎刈羽も、クレーンが落ちたり、電源火災が起きたりしていたはず。
それに大震災の翌日の長野新潟県境の地震でも、震度5とか6とか、かなり揺れている。
これらの地震でここが福島にならなかったのは、幸運な偶然だけかもしれない。

それに、福島だって、穀物、野菜、酪農、漁業と、日本の食糧庫だったのだ。

…大飯原発の再稼動が取り沙汰されている。
ストレステストの2次もしていない、福島の炉の底の状態もわからない状態で、
再稼動を云々するのは拙速に過ぎると思うのだが。

「ご意見を聞いて」というが、そういうときに政治家の届く意見は、財界などの「声の大きな」意見だけだ。
そりゃ、産業界は生産性を考えたら「万が一でも電力不足が起きたら困る」って言うがな。
最大電力が余裕を持って確保できるように「原発が不可欠」って言うがな。

近視眼的な、功利的な視点だけではいけない。
この国は、この先、どうしていくつもりなのか。今、考えなくては。
一つ再開されれば、この国のお得意な「前例」ができてしまう。次を止める理由がなくなってしまいます。

皆さんは、どう思われますか。
一人でも多くの人に訊きたい。

私は、美味しいご飯が食べたいです。安全で美味しいご飯。これからも、ずっとね。
みんなでちょっとずつ不便を我慢しても、あの不安な日々には戻りたくない。今も続く不安を増やしたくない。

ま、ビンボーだから、なかなか「魚沼産コシヒカリ」なんて買えないけどさ(笑

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
どうしてそんなに急ぐのか(原発再稼動) 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる