凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本人なら知っておきたい日本文学(蛇蔵&海野凪子)

<<   作成日時 : 2012/03/02 21:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

学生時代、古典ってそんなに好きでなかった人は多いんじゃないでしょうか。
私も、お話としては面白いなあと思いつつ、
テストで聞かれるのは文学史的なものや文法的なもので、ついついその暗記が多くなり、面倒くさくなる。
文法だって、大人になって教える側に回って分析してみたら「システマティックで面白い」とわかったけど、
学生時代にそんな教え方をしてくれた先生は一人もいなかったし。
結局学校での教え方が「古典嫌い」を作ってるのではないですかねえ。
だって、大人になって自ら行くカルチャーセンターの「源氏物語講座」とかって、大盛況なんですから。

そんな「学校の授業で古典を嫌いになっちゃった人」「なりそうな人」にお薦め。



作者は日本語学校のおもしろ日常を描いてTVドラマにもなった「日本人の知らない日本語」の作者コンビ。

日本人の知らない日本語
メディアファクトリー
蛇蔵&海野凪子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本人の知らない日本語 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この本も、国語学的にむちゃくちゃ私のツボで面白かったですが。

今度は、日本文学の代表的な作者、作品を取り上げて、「そんな人だったんだ」「今もあるある」を書いたもの。
言いたい放題の清少納言。
ぐるぐる悩む紫式部。
男の夢コンプリートな藤原道長。
オタク少女の菅原孝標女。
今ならTVコメンテーターとして人気が出そうな、明るい隠者吉田兼好。
ヒーロードラマになりそうな安倍清明や源頼光四天王とか…

古典の入口としてもとってもいい感じ。
今年はじめにもう一冊、「いい入口本」に出会っている(そのうち紹介する予定=未定=きっとそのまま)ので、
原典に当たってみようかなあ、なんて思う今日この頃であります。

…きっと思うだけで、なかなか手に取れないんだろうけどさあ…今既に「読まなきゃ本」に追われてるし(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
日本人なら知っておきたい日本文学(蛇蔵&海野凪子) 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる