凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS メメント・モリ

<<   作成日時 : 2011/10/29 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近、ちょっといい服を着ています。
いや、たいしたことない物ばかりなんですよ、私の服ってほとんどリサイクルショップかフリマで買った物だし、
単価は3桁、つまり何百円ってものが大半を占めているし。

ただ、量はものすごくあります。
仕事柄、やっぱり綺麗にしていかなきゃならないところもあるし、司会なんかの仕事でスーツがいることもあるし、
撮影や舞台で自前の衣裳でお願いしますといわれることも多くて、
「私」としてはもうきっと着ないなと思うものでも「役の人」なら着るかもと捨てられないものもあるし、
もっと言えば、本名の私なら着なくても「桜澤凛」なら着るものがあるし、その逆もある。
バイト(図書館司書)は意外と動くし汚れる仕事で、契約先の服装規定もあるので、
めんどくさいからもう「バイト服」って決めちゃってるものでほとんど回してる。

でもね。
今まで、「主に仕事(女優業)服」って決めて、大事にしてあまり着てなかった服を、
意識して、少し普段も着ることにしました。

母の遺品を整理していると、すごくいい服、綺麗な服や靴が、綺麗なまんまたくさん出てくるんです。
母は、これを何回着たのかしら。もしかしたら、一度も袖を通してないんじゃないかしら、って感じの。
しかも、母はかなり体格のいい女だったので、華奢な私にはほとんど着られない。
父は、着る人がいないのだから、と処分するように言うし、私もその通りだとは思うのですが、
綺麗なものを捨てるわけにも…すごく罪悪感がある。
といって、リサイクルやフリマに出す時間も、なかなか取れないし…
『老前整理』という本を読みましたが、物を整理する(捨てる)というのは、
本当に気力体力があるうちでないとできないことです。


老前整理 捨てれば心も暮らしも軽くなる
徳間書店
坂岡 洋子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 老前整理 捨てれば心も暮らしも軽くなる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



で、振り返って、自分のクローゼット。

反省しました。
「大事に」ばっかりしてないで、着よう。ちゃんと活かそう、と。
…でも、生来ケチな締り屋さんなので、なかなか決意どおりにはいかないんですけど。
ちょっとずつ。

数日前にも、いつも元気をくれて、アーティストとしてもインスパイアされる友達と「語る会」したとき
赤のYシャツ(矛盾?)と合わせて、赤のブーティーで「上げて」いったら、
「それ、かっこいいですねー」と気づいてくれてうれしかったり。

その前も、ちょっと気の張る相手にご挨拶に行く時、
黒のボディコンシャスなニットドレスに、母の遺した(使ってるの見たことはほとんどない)ストール合わせてみたら、
「あの大人のいい女どこから連れて来た」と裏で褒めていただけたとか、いただけなかったとか(笑)

メメント・モリ。死を思え。
人間いつ死ぬかわかんないしなー、と最近ホントに思います。変な意味、暗い意味じゃなくて。
うちの母、自分が死ぬと思ってなかったと思うもの。
あれ?私死んじゃったの?って戸惑ったと思うもの。
そのくらい、急でしたから、母の死。

あと、オットいわくは、別の理由で、綺麗にしろ、と。
「お前が綺麗汚いで判断される時間なんて、あと何年あると思ってるんだ、
今綺麗にしないでどうする」
…ごもっともです。若干手遅れかもしれないけども、今のうちにがんばってみます(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メメント・モリ 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる