凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS 素人考えなんですけど、こういうことってできないんですか?

<<   作成日時 : 2011/04/10 21:48   >>

トラックバック 0 / コメント 3

私はただの演技者であって、震災対策、節電対策には素人だから、
当然とんちんかんなことを言っているかもしれません。
でも、何でも役に立ちそうなことは、検討してみたり、やってみたりしたらいいんじゃないでしょうか。
って言うか、こういうことはどうしてできないのか、わかる人がいたら教えてほしい。
日本中の頭のいい人たちが、額を寄せ合って考えてるのは判ってるんだけど、
もしかして頭がよすぎて、つまんない事に気づかなくなってたり…なんてことはないですよね?

これから日が長い季節が来るのですから、節電のためにサマータイムを導入することはできないのでしょうか?
朝日の後に起きてきて、夕日の前に寝てしまう〜ハメハメハ〜ハメハメハ〜ハメハメハメハメハ〜」
童謡の南の島の大王方式で、暮らすというのは、有用な節約にならないんでしょうか?

電力のピークタイムが集中しないようにすればいいのですよね。
例えば、産業別に休日を決めるとか、営業時間帯を分けるとかできないんでしょうか。
前に美容師さんが、火曜日休みだとディズニーランドが空いていてラッキー、という話を聞いたような。
あとは、業種によってはフレックスタイムや、在宅勤務をどんどん推進して、
朝晩の通勤ラッシュを減らせば、電車を間引ける。
鉄道の運行削減が節電に効果大であるのは、震災直後の計画停電で明らかなはず。
(あの時の止めかたは、もっとやり方ないのかというくらい、かなりご迷惑だったけれども)

避難のための仮設住宅。
もちろん一時的な仮の住まいに過ぎないんだけれど。
仕事や学校など、いろんな絡みもあって、単純には行かないのだろうけれど。
例えば、地域のコミュニティをばらばらにしてあちらこちらに二次避難して貰うより、
とりあえず、多摩ニュータウンとか都営村山団地とか、
多数の空き部屋があり半ばゴーストタウン化している巨大な団地に
町ごと、役場ごと、集団移住してもらって、プライバシーのある生活を確保してから、
次の対策を考えたらどうなのだろう。
これらの団地は足の便が悪いが、都心への通勤を考えないのであれば何とかならないか。
あと古いだけに、高層階でエレベーターのないところもあるかもしれない。
そういう不便と相殺して、コミュニティをばらすリスクと、どちらが有効なのか。
でも、とにかく、壁もない体育館のようなところに何家族もが一ヶ月も過ごしているような現状、
検討ぐらいしてみる価値があるのではないだろうか。

もう、とにかく、やれることは何でもやってみるしかないのではないですか。
原発水漏れの時に「新聞紙とおがくず投入」といわれた時は、ちょっと膝の力抜けたけど。
でも、ちょっとでもいいと思えることは、何でも考えてみませんか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
避難のための仮設住宅について。
各地の公営住宅の提供はもう始まってますよ。
利用が少ないのは、周知がうまくいってないのもありますが、支援の情報、仮設の情報を得るのに、大きな避難所にいるほうが有利と考える人が多いのです。
あと、やはり地元を離れたくない方が多い。
公営住宅やホテルなどの提供があっても、同じ県内なら希望する人は多いけれど、東京まで、という気持ちにはなれないのです。
身体は楽だろう、と思われるかもしれませんが、実際、被災されている方にとっては、何より、地元近くに早く仮設を!ということなんです。
コミニュティを維持することは、すでに阪神大震災から学んでいますが、その町ごと何百人、何千人も移動できますか?
被災者の気持ちからすれば、遠く離れた方にはわからなくても、不安でも、やはり離れたくないのですよ。
ちい
2011/04/11 23:52
そして、あまり古い住宅は耐震的にも提供は望ましくありません。
つぶれた家に住んでいた人がまたつぶれそうな古い団地に住みたいですか?
東京以外でもある程度の戸数を用意した自治体への利用がほとんど無いのも、被災者が欲しい支援と、提供する側の思惑とのミスマッチゆえです。
ちい
2011/04/11 23:57
>ちいさま

ありがとうございます。
うーん。やはり難しいですね。
無論ニュース報道で公営住宅等の提供情報は知っていますが、
心情的にも、また仕事との兼ね合いでも、地元を離れたくないでしょうね。
物資や情報の偏りの報道も聞くにつけ、大きな避難所で少しも早い情報をと
思う気持ちもわかります。

宝くじに当たるような確率の仮設や、
元のコミュニティからばらしてしまうような「公平」な抽選だけでない
いろんな手はないか…とにかく最初から無理、といわずに
いろんな可能性を探りたいですね。
少ない平らな土地が津波被害にあってしまった今回は、「地元に仮設」まで
今までの神戸や中越よりももうひとクッションいるのかもしれません。

2011/04/13 16:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
素人考えなんですけど、こういうことってできないんですか? 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる