凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS 少しは美人になるための努力

<<   作成日時 : 2010/11/09 12:21   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
パーマかけ直して、パーマの動きが見えるようにちょっとだけカラーも明るくして、
でも、2シーン出るうち1シーンは地味な作り、後のシーンは派手な感じなので、
地味なほうでも違和感がないくらい、たぶん言わないとわからないくらいにほんのりと。
バイト帰りの図書館仕様顔のほぼスッピン写メをアップする暴挙、失礼いたします。



別に、美人でなけりゃという指定は台本にないし、絶世の美女になれといわれても無理だし、なれないしなる必要もないけど
やっぱり、相手役のため、ご覧になるお客様のために、できれば美人になりたいと思います。
「ずっと思い続けた相手(ちょっとネタばれ)が、実はこれじゃあ、ねえ」とお客様が思うようじゃ、失笑される様じゃイカンと思うので。
台本的には、すごい美人だときっとちょっと違う感じで、そこそこ美人、っていうのがいいんだろう、と私は思ってる。
だから、私で丁度いいかな…って、これは自分を慰めるセリフ(笑)


よし、外堀は埋めた(できる範囲で。無い袖は振れない。本番は衣裳とメイクと明かりでギリギリまでかさ上げを)
あとは中身。
美人になった(なってるはず。いや、なった。なったことにしよう)凛を観に来てください。

『ポプコーンの降る街へのオマージュ』 11月14日12時開演 てあとるらぽう 1500円
詳細こちら
お申し込みお問い合わせこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
りんりんさんは、いつだって「美人」だよ、舞台では。役者は、女優は、舞台で、いつも心から「美人」でいられれば、お客様はその「美人」を堪能する。そのために、りんりんさんを見に来る。残念ながら、舞台以外のりんりんさんの「美女ぶり」を知るチャンスがありませんが、…今のところ、私は…。
haru
2010/11/10 21:08
>haruさま

ありがとうございます。
今回私、久しぶりにかなり「美人」ですよ。化粧の乗りもなんかすごく良くなってきて
やっぱり、「恋する女」をするのがいいんですね。
演技的にも、本当に5年前はどうしてこれで演れたのかしら、と思うほど
どんどん気づいて、どんどん深まっている。ドキドキしています。
5年前は5年前しか出せないステキさがあったのだろうとは思いますが。
是非観ていただきたいなあ…

舞台以外の私は…随所で書いている通り、激しく容姿コンプレックスなので…(泣)

2010/11/12 11:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
少しは美人になるための努力 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる