凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『娘ふたり』初演に参加できたこと

<<   作成日時 : 2010/08/09 01:50   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
『娘ふたり』という今回の作品は、別々の選択をした姉妹の物語です。

舞台は母親の通夜番の宿泊室。
姉の美沙子は喪主で、そこに妹の尚美が遅れてやってきます。
成績もよくしっかり者の姉は、期待されていたのになぜか大学を出てすぐに結婚、今は専業主婦。
妹は高卒で美容師になり、その道でキャリアウーマンになっています。
母の性格。父の浮気。父母の離婚…姉は母の元に残り、妹は父についていき…何年ぶりかの再会。

語り口は決して重い話ではないですが、中身にいろんなものが詰まっています。
そして、アコースティックな作風。
(三作品の1話目、男子チームはロックな話、これが2話目で、3話目男女チームは明るく弾むコメディ。
全て作風が違います。
バランスも、並び順も絶妙だという感想をあちこちからいただきました)

美沙子さん。難役でした。
まず、自分からは仕掛けられない。
最初は拒絶が基本姿勢なので、相手役の台詞を拾いにいってあげることがあまりできない。
しちゃいけない、って辛い。難しい。反対に尚美ちゃんはテンション上げろ上げろ、言われてました。
(彼女はナチュラル芝居だし、私は元々押せ押せ系。お互いに苦手分野を要求された感じ、(笑))
それから、純粋にテクニカルに、扱い小道具、手順がむちゃくちゃ多い
(っていうか、さらに自分で仕掛けて持ち込んで増やしたものもあったけど)
お客様がすぐ目の前にいるライブハウスなので、香典帳なんか、ほんとにリアルに作ってました
(芝居稽古しながら本当に書き足していったんだけど、最初のうちは書いてて間をはずしそうになったことも…アホや)
でも昔は、相手の台詞聞きながら、作業しながら、答えながら…なんて、きっと
できなかったよなー(これってけっこう大変なことです)と、ちょっとびっくりしながら。
少しは成長してるのかしらん、なんて(笑)

まず、脚本がすばらしい。
たとえば、冒頭に電話のシーンがあるのだけれど、そのさりげない台詞の中に隠れている情報量といったら。
そんな台詞が随所にあって…私などはまた、つい「伝えすぎ」そうになってしまうほど。

そして演出。
直接的な指示ももちろんだったけど、雑談的に語られる中に、たくさんの示唆をいただきました。
うまく書けないし、もったいなくてここに書けないものもあるけど、本当にすごい経験をしました。
このブログにも書いた、最終盤で出てハマったダメ出しも、そんな示唆のひとつで、ふっと抜け出した…
ほんとに苦しんでよかった、と思うほど、自分の中では違うシーンになりました。

監督は直接そうはおっしゃらなかったけれど、指示を聞いていて
「あ、ここでカットが変わるんだ」「ここはアップだな。ロングだな」と感じることがありました。
あまり映像の経験のない私には、とても新鮮な感覚でした。

なにより。
自分が、この脚本の初演キャスト。この書下ろしを初めて演じる、初めて立体化する俳優であったこと。
それは、本当にうれしいことでした。
稽古をしていく中で、脚本が変わっていった部分もありますし、
もともとのト書きにはそう書いてないけれど、演出がついてシーンが変わっていったところもあります。
(座り芝居が多いので、何とか動けないか、と私のほうから仕掛けたところもあります。
監督はその工夫も、きちんと拾ってくださいました)
別の方で再演なさるときに、それを踏襲するのか、あるいはまた新たに作るのか、
もちろん両方の部分があるのでしょうが
とにかく、この美沙子を生み出すのに、私も微力ながら力を奮えたのだ、
私なればこそ、こんな美沙子さんになったのだ、という誇りを感じています。

ラストの演出には、本当に震えました。
その演出がついたとたんに、ぐっとこみ上げるものがあり、
最終回まで、毎回、それは新たにこみ上げて…押さえ込むのに苦労しました。
「すごい…」と思いました。
打ち上げで、監督に「お客様が入ってさらに毎回よくなってくるのに、4回で終わりって惜しいね」と
いっていただくことができました。

本当に、本当に、幸せな一ヶ月。幸せな二日間、4回の公演でした。
監督にはいくら感謝してもしきれません。
そしてもちろん、相手役の尚美ちゃんにも。
あの尚美ちゃんだからあの美沙子さんで、あの美沙子さんだからあの尚美ちゃんができたのだものね。
本当にありがとう。ちゃんとお姉ちゃん、できてたかな?

あー、また長くなっちゃった。書ききれなくなっちゃった。
この項、さらに続く(またかい!(笑))

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あれやこれやでバタバタ落ち着かなくて読み逃げしておりました。

大成功で良かったですね。
何か一つが動き出すとドンドン回っていくってこと、私も経験あります。
これから良い方向に行きそうで楽しみだなー♪
ひとまずお疲れ様でした〜。
ボスコ
2010/08/12 03:11
>ボスコさま

ありがとうございます。
私今ほんとに運がいいんです。ありがたいことです。
整体の先生には「もったいないから宝くじなんか買うんじゃないぞ」といわれてます(笑)
まずは身体のメンテをして、また次に向けて走り出します。

2010/08/12 11:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
『娘ふたり』初演に参加できたこと 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる