凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS 教え子たちのライブステージがあります

<<   作成日時 : 2010/06/15 00:25   >>

トラックバック 1 / コメント 3

この春から、代々木アニメーション学院のSDコースという3年生の実習クラスの講師をしています。
(アクティング・ファシリテーター…って、英語的に大丈夫でしょうか、ボスコさま)

今月、急遽ライブ実習の担当がまわってきまして、寝る間もないほどバタバタしております。
連絡不備やら、スタッフがいなくて、演技の指導だけじゃなく音響照明プランも丸投げ、丸ががえだわ、
私の中ではどエライ事になっております。寝る間がない、は比喩じゃなく、事実。
(私は女優なんで、演技の事はわかるけど、スタッフワークは見よう見まねでしかない。
一番わかるのがメイク、その次が制作…でもその二つは今回必要なしだし。
作品選定、構成から、音響照明プラン、たぶん当日のタイムスケジュール、台本の紙の折り方指導までしてると、
だんだん「誰かさん」みたいだなって…(爆) でもあの人を見てたのが、ほんとに勉強になってる…閑話休題)

でも、そんなことは生徒たちには関係なく、彼らはほんとにがんばっています。
ちょっとサジェスチョンすると、めきめきと変わっていく。
若いって、やわらかいって、いいなあー、って感じ。
すごく素敵。
もちろん、まだ役者未満のところもたくさんあって(何せ高校三年生なんですから)手間ひまかかるんですけど。
もう、かわいくって仕方がない。

生徒たちには「うまくやろうとなんて思うな」といっています。
今の「自分」としてお客様の前にいられれば、それが一番素敵なんだから、と。
(そのうち、その「自分として客前にいる」ということがどれほど難しいことか、解る時がくると思うけれども)

テーマは「Think.Think.Think,and don't think.Feel!!」です。
(柴犬ボブさんありがとう。あなたとのブログの中で思いついたことですけど、このフレーズ最高!)
絵空事でなく、実感を持って演じてほしいので「初恋編」にしました。

形としては、朗読構成、群読というもの。
いろんなものに頼らず(音、明かり、衣裳なども最小限に)に、語りだけで勝負させます。
私も、ツカミに一声、発する予定。

どうか、見に来てやってください。
声優、俳優の入り口って、どんなことをやるんだろう、と思う人もぜひ見にいらしてください。
そのうち(こういう学校組織とは別に)オープンワークショップもやってみないかという企画も出てるので、
その下調べに見てみたい、という方も、是非。
それから、初恋の甘酸っぱい気持ちを思い出してみたいな、という大人の方も、是非是非(笑)

マジックや、お笑い、ダンス、バンドなどのプロのゲストの方も出る、ライブステージです。
楽しんでいただけると思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

6月24日(木) 18時半開場 19時開演 @東高円寺 ライブハウス ロサンゼルスクラブ
(丸の内線 東高円寺駅2番出口徒歩3分) http://www.losangelesclub.jp/
『ココロトキメク』

6月27日(日) 12時半開場 13時開演 @所沢小手指 ライブハウス サウンドストーン
(西武池袋線 小手指駅北口徒歩5分)http://soundstone.jp/
『はつこい』

いずれも前売り2000円+1ドリンク(500円)

お申し込みお問い合わせは http://www7a.biglobe.ne.jp/~lin-s/mailform.html
こちらでメールフォームが開きます。直メをご存知の方はもちろんそちらで承ります。

御連絡お待ちしています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今度は構成台本組みなおし
うーん。プロの芝居としては考えられないことなんだけれど、 ここ本番一週間前にいたって、出演できなくなった子が一人、ペンディングで待っている子が二人。 まあ、それぞれ事情はあって、しかも「生徒」なので、仕方ない部分もありますが。 他の、ホントに熱心にやっている子に負担がかかることを考えると、なんだかなあ、と思いますが。 私ら、「這ってでも行け」的な風に育ってきたので、なんか不思議で。 ...続きを見る
凛の、ちょっとした思いつ記
2010/06/19 11:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
凛さん生き生きしてますね!嬉しいです!

英語のことですけど、私はド日本人だし仕事で使っていた時事英語以外の分野には全然感覚がないんです、ゴメンナサイ。

でも一応頑張ってお答えしてみますと。
私が聞いたことあるのはacting coachかなー。
ファシリテイターだと、workshop facilitatorとかはよく聞きますね。
acting facilitatorは…うーん、言うかもしれないけど
すいません、ちょっと分かりません。ごみーん。
ボスコ
2010/06/17 19:57
>ボスコさま

回答ありがとうございます。教えてチャンですみません。

いや、まあアメリカへ行って名乗ることはないと思うので(笑)
あまり激しく間違いだったり、別の意味に取られなければいいかと。
そうですね。acting workshop facilitator ってとこが正確なんでしょうか。
どうもね、日本語の「講師」って言葉に伴う「先生っぽさ」が違う気がして。
それを弱める、ってか、ぼかすのに、横文字に逃げたいという…(笑)
芝居って教えられないものだと思うし、ミニ桜澤凛は絶対作りたくないし。
個々の中にあるものを促進する事だと思うんですよ、私の仕事。
まあ、代アニの生徒はむちゃくちゃ若いんで、「先生」的に引っ張らざるを得ない面もありますが。

acting coachはよく聞きますね。理論の裏づけに読んだ本やサイトに
そういう肩書きは結構見た気がします。
体と経験で覚えこむ、っていう側面もあるんで、なるほど、って感じです。

2010/06/19 02:10
やった〜(^o^)v
 
やっと役に立てたf^_^;
(ねぇさんのトコに相当来てなかったから、気づくの遅いけど(>_<))
 
ひっそりとガッツポーズ
o(≧♀≦)o
柴犬ボブ
2010/10/11 04:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
教え子たちのライブステージがあります 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる