凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS 逝年(石田衣良)

<<   作成日時 : 2008/06/20 02:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりに石田衣良の長編を読んだ。
いや、久しぶりに長編を読んだ、といったほうがよいか。
何かいつも「語りたいもの」を探していて、一つでも多くの作品、一人でも多くの作家に触れたくて、
いきおい短編アンソロジーを読むことが多かった。
その中で、たくさんの「面白いイマドキの書き手」に出会うことも多かったし、
そこから掘り下げて何冊も読んでしまう、角田光代のようなお気に入り作家もできたのだが。

石田衣良作品は、角田光代の前の私のお気に入りだった。
最初に読んだのが『娼年』という作品で、新聞評で見て面白そうだと手に取り、一気にはまってしまった。
(今思うと、その書評を書いていたのは角田光代だった気がする。確証はないが)
この『逝年』はその続編だ。

さえない(と本人が言う)大学生リョウが、娼夫(コールボーイ)にスカウトされ、自分でも知らなかった才能を開花させていく『娼年』
自分をスカウトしてくれた母のような人の死を看取り、彼女の大事なものを支えていく『逝年』
こう書くとどこがいいのか、どんな話なのか全く伝わらないが。
少年、青年という言葉との語呂合わせも、「逝く」という漢字を使ったダブルミーニングも心憎い。
それに、とにかく描写がステキだ。
リョウや、彼を取り巻く人物、彼の客になる女性、死んで行く心の母のようなひと…そして性描写。
すごくエッチで、胸がドキドキして、いやらしいけれど下品でなく…正直私は何度となく泣いた。

「奥深くでつながっている感覚」
「これが真実でそれ以外は全て幻」
「生きているって、自分の身体をとおして誰かを感じてなにかを分け合うこと」
「魂と魂をこすり合わせる行為」

本好きの知人と石田作品について話したとき、その彼女は「いつも発情してる感じで苦手」と言っていた。
私も、最近ちょっと文章の気取りが引っかかる感じがして、あまり読んでいなかった。
でも、私にとってのセックスはまさにこれ、魂に触れることで、彼我の区別がわからなくなるようなことだ。
だから…私は…涙が出て仕方がなかった。
本当に魂がつながってしまえば、セックスでなくても、キスするだけ、握手するだけでも、いや、目を見て話すだけでも…
いや、逆に身体がつながるからこそ、魂の奥深くに触れられる、
それとも、魂の奥深くがつながってしまうから、身体もどんどん近づいていってしまうのかもしれない。
正反対のことはいつも、同じ一つの真実だ。

リョウと死んでゆく女性との交わり…私はふっと、光源氏と藤壺にオーバーラップした。

読んでみてください。『逝年』だけでもいいけれど、『娼年』からならまた違う読みができると思います。
私は、ボロ泣きでした。

(さすがに今回は朗読しません。ちょっと私の声では生々しすぎると思うんで)



逝年―call boy2

逝年―Call boy〈2〉

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
逝年(石田衣良) 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる