凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS 敬語五分類

<<   作成日時 : 2006/12/10 01:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

久しぶりに国語学ネタ。
いつか書かねばと思いつつ、もうパブリックコメントの募集も終わってしまうくらい時間がたってしまったが、
文化審議会の国語小委員会で敬語の指針が出された。
一番の大きな柱は敬語を今までの三分類から五分類にするということ。
尊敬語、謙譲語、丁寧語の三つだったのを、
謙譲語を、TとU(丁重語)に、丁寧語を、丁寧語と美化語に分けて五つ。
50ページを超える指針案は、マニュアル敬語の問題に触れたり、Q&A方式で実例を上げたり、
なかなか丁寧でおもしろかったが、よっぽど国語好き、あるいは活字好きの人でないと、全て読みきるに気力が要るかも。
パブコメ募集終了とともに引き上げちゃったみたいで、だいぶサーフィンしたけど見つからなくて、
ダウンロードかプリントアウトしとくんだった、と残念に思っている。

さて、問題の五分類だが…
果たして、意味があるのだろうか。
少なくとも、運用、使えるようになる、という意味では、全く効果がないと思う
国語学的、研究者的には、より厳密な分け方が可能になる、というだけで。
あちこちのブログなどで、受験や学習が複雑になるのではという意見が見られたが、
指針案をよくよく読むと、「教育現場へ導入するかは、生徒の理解度等と鑑み判断せよ」的な記述もあるので、
すぐさま定期テストや入試に「次の語は謙譲語のTかUか答えよ」なんて出てくる心配はないだろう。

塾で小中学生に国語を教えていたときに、主に起きるのは尊敬語と謙譲語の混乱だった。
敬意の対象の有無で謙譲語TとUを分けている場合じゃない。
その前に「なさる」(尊)と「いたす」(謙)が使い分けられなかったりするのだ。
そんな時私が使った説明で、一番子ども達に効果的だったと思うのが、
「敬語なんて相手を自分より上に見るための道具だ!ビビらずに使いこなせ!
尊敬語は相手を乗せる『台』で、謙譲語は自分が入る穴を掘る『スコップ』だ
だから尊敬語は相手の動作や状態に付き、謙譲語は自分側に付くのだ!」
言葉だけだとまだ難しい感じがするが、簡単な絵をつけると上下関係がハッキリする。
同じ地面に二人いる絵、相手が台に乗って自分は地面にいて見上げている絵、
相手が地面にいて自分が穴の中で見上げている絵
だ。
これで、だいぶすっきりした顔になる子どもを、何年にも渡って何人も見てきた。
もちろん全てが解決するわけではない。もっといえば、敬語を使おうとすると
「かたじけないでござる」みたいな変な時代劇言葉になっちゃう子どもが結構珍しくなくいるのだ。
自分の使う、自分の時代の言葉ではない、という意識があるのかもしれない。
分類知識より、まずは、自分の使う道具としての実感が必要だ。

あと、この指針案には本当に一言触れてあるに過ぎないのだが、私がいつも実は一番問題で
こんなことでいいのかと思うのが、
テレビや公共の場での、明らかに間違った敬語の使い方だ。
駅のアナウンスの「この電車はご乗車できます」(ご乗車になれます)
テレビの時代劇のセリフの「上さまがそう申された」(おっしゃった
テレビショッピングの「クレジットもご利用できます」(ご利用になれます)
「お客様が直接お聞きしてください」(お聞きになってください)などなど。
そりゃ、生放送などでとっさに間違った使い方をしちゃうってことはある。
でも録音してくりかえし流されるものや、脚本、演出、演技と何人もの人が関わるドラマなどで、
途中で一人もこの間違いに気づけなかったのだろうかと思うとうなってしまう。
パブリックな場所でくりかえし流されたら、子どもたちはそういう言い方だと思ってしまうし、
わかっている大人でも、だんだん違和感を持たなくなってしまう。
「公共の言葉」の役割、というのをもう少し自覚して欲しい、といつも思う。
(でも、ペーペーの演技者としての私は、大物相手の現場で果たして「間違ってますよ」といえるだろうか…というオトナの迷いも、あるにはある)

ということで…
敬語に関して、私が考えていることは「美化語の問題」「関係性の問題」等、実はまだまだ沢山あるのだが、
なにはともあれまずは、分類より、実践だな。
言葉は道具なのだから、沢山聞いて、沢山使わなくては、なかなか上手に使えるようにはならない。
どうも、お役所っていうのは、決まりを直せば実態が良くなると思い込んでる気がするな。
教育基本法も、いじめ対策も、なんだか役所のやってる根っこは一緒みたいだ。
敬語の分類くらいなら、あまり実害もないけれども…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
誰にだっていつの日にか振り返る時が来るのだから
忘れないで毎日はささやかな君へのプレゼント
Happy Birthday いつだって君は大丈夫さ
Happy Birthday 君が好きさ心を込めて
生まれてきた喜びに君が包まれるように
今日という日を祝うよ Happy Birthday to You!!

本文には関係ないのですが、誕生日おめでとうございます!!!
むぎお
2006/12/10 08:46
言葉って、生き物。なので日々変化していくものだと思うのです。(新しい言葉とかできて使うのはごく自然)
だけど、間違った使い方が正しいというのは私も?だと思います。
関係無いかもしれませんが、『ご苦労様です』と『お疲れ様です』はなんか同じだと思っている方々が多いように思われていますが、『ご苦労様・・・』は目上の人が下の人に対して使う言葉。会社のメールやらネットの掲示板やらで何気に目にするので気になってしまいます。
普通に使うには『お疲れ様・・・』でしょう。

あー、変な話で脱線してしまいました。すいません!

さて、凛さん、お誕生日おめでとうございます♪(^^)
陰ながらこれからも応援させていただきます。今後のご活躍期待しております!
TAI
2006/12/10 12:27
お誕生日おめでとうございます凛さん♪
よい一年になるといいですね。

このトピック「敬語五分類」については
私もなんとなくひっかかるところが多く
(いやお上の言いたいこともわかるよう
な気はするんですが)、もっといろんな
分野の専門家の方のご意見をお聞きした
いなと思っていました。

と言いつつ何もせぬまま今に至るのですが。

「なんだかなあ」とただモヤモヤ思ってる
段階なので何なんですが、それでも一つだ
け、「テレビや公共の場での明らかに間違
った敬語の使い方」への疑問はホント凛さ
んのご意見に大賛成。「ご利用できます」
なんかは私もすごく気になってました!
「店内でお召し上がりできます」とか。

なーんて、自分だって偉そうなことは言え
ないんですけどね。
Fido
2006/12/10 21:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
敬語五分類 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる