凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS ルティ・カネルワークショップ(@シアターΧ)おまけ

<<   作成日時 : 2006/08/28 20:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

ほんとに狭い演劇界、一人も参加者に直接知った顔がいなかったというのは奇跡的なことで、
自由になれたという意味では、本当に私にとって幸運でした。
新しい、全く知らなかった仲間が、25人も(ルティさん、通訳のお二人も含む)できたということも。

自己紹介もなく、バックボーンも全く知らないままのワークショップはとても刺激的で自由でした。
あの人あんなことやっちゃって、と思うことも思われることもない。
泣いても叫んでも、終われば別に会いたくなきゃ会わなくてもいいんだし。気楽(笑)

終わって、ちょっと飲まない?という話になり、全員ではなかったのですが、みんなで居酒屋で一杯。

そこで驚いたことが!!
誰も、注文の仕切りをしようとしない!!

そうだったかなー?演劇の人って、そうだったかな
そういえば最近外で飲む集団と付き合ってなかったので忘れたな。
劇団大樹は演出も主演も飲まないし、大樹もギ曲団も打ち上げは師匠の手料理だったし。
素の会はお茶飲んで反省会(雑談?)だし。
その前、Χの名作劇場はそんなに飲まなかったけど、飲むときはそういえば演出助手が仕切りしてくれたな。
さらにその前、フライングステージは、台本待ちで、なんか飲みに行くって感じじゃなかった。
歩きながら町飲みする人は飲むけれど。居酒屋とか行かなかったし。

席についてしばらくたっても、みんな、そういう空気が全然ない。
私、アテレコの現場で、注文したり、先輩の酒作ったり、そういうこと相対的に若いもんがみんなで気を使いあうのに慣れてしまったので、何かびっくりした。
(その日の中では、たぶん私は丁度真ん中くらいだったんじゃないかな、みんなの歳知らないけど)
私がメモ用紙用意して、「何食べたいー?」って叫んでも、誰も何も言わないし。
しょうがないから「見繕うよー!」
…いや、私、しっかりして見えるけど見掛け倒しで、決断力ないし割とポーっとしてるから、
こういうのあんまり得意じゃないんだけど。
ありゃほっとけないやね。

ちょっとびっくりしました。
私、声の世界で鍛えてもらったんだなーと思った、おまけの出来事でした。
いいんだよ、仲間内だからね(笑) ってか、他の業界は違うんだなー(^_^;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜♪同じ時期に近い経験していたんですね〜!!!
ホント良い経験でした!!!
話し変わるけれど、仕切ったり、そう言うのが上手くないから
社会に適用できないから、芝居をやってるのだと
私の大好きな先輩は言っておりました!!
ふむふむ・・
私もイベントとかやる割にヘタな人間です!!!
火菜
2006/08/31 14:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
ルティ・カネルワークショップ(@シアターΧ)おまけ 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる