凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS 才能・才覚の棚卸し、のようなもの 

<<   作成日時 : 2006/03/05 17:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

失業しました。
いえ、女優業のほうじゃなく。こっちはお呼びがかかるまで失業状態なのが常態の業種ですから
仕事がなくて暇なのも(まあ限度もあるけど)半ば織り込み済みの仕事でありますが、
失業したのは、塾のほう。閉鎖になったんです、うちの教室。急遽3月1日付で…
副業、とはいえ、十年越しにやった仕事だし、
手抜きのできない性質なのでこちらも一生懸命やっていましたし、
なにより人間相手の仕事でしたから、
正直自分の中で整理がつかずに、唖然、としている感じ。
まずは、ホームページ、ブログの『塾の先生』の看板下ろさねばね。
(ホントはアドリアーナも死んじゃってるから下ろさなきゃいけないかも…じゃあ、何が残るんだ?)

実は、フランチャイズの他教室に、というお話もないではなかったのですが、
とりあえず、自教室のオープンから閉鎖までをただ一人見届けた私としては、
一度、自分の中でリセットして、またお手伝いすることがあれば改めて、とわがままを言わせていただきました。
急な話だったので、置いたままの自作プリント類を昨日わざわざ引き取りにいったのですが、
なんか、いろんなことがフラッシュバックして、教室にいるのがたまらなかった。

語りの会があるので、まだ、精神的には支えられ、紛れて、救われていますが、
それが終わったら、一度きちんと、自分の中の『才能・才覚の棚卸し』をせねば、と思っています。
私には、何ができ、何ができないのか。
これから、どうして行くべきなのか
(殊に、メシの種)

例えば、学問的な面。
生徒達から学んだ、勉強の仕方、つまずきやすい場所、覚えやすいまとめ方、
そんなものを例えば文字の形でまとめるとか、またどこかで教えるとか、できないのか。

例えば、文章。
おもしろいといってくれる人がいる。もう少しまとまったものを書いたらどうなるのか。
日記、エッセイ的なものだけでなく、創作はどうなのか

例えば、私にとって一番大切な、演じること。踊ること
プレイヤーとしてはもちろん「待つのも仕事のうち」だけれど、
あるいは、待つだけでない他の道があるのか。例えば塾で教えていたことや、
バレエや他の体技のストレッチとかリラクセーションとか、あるいはセラピー体験などと組み合わせて
ティーチャーとまではいかなくても、ファシリテーターなどの道はないのか…
できることならば、表現の周りだけで、食べて、生きていくことができないものなのだろうか

12日の語りの会が終わったら、少し腰を落ち着けて考えてみたいと思っています。
アイデアをくださる方、慰めてくださる方、勇気付けてくださる方、一緒に落ち込んでくださる方、
もちろん『仕事を』くださる方、
大歓迎。


でも、私、塾の先生としては、やるだけのことはやりました。
10年で出会った、私の生徒達。元気ですか?
私と勉強したこと、勉強以外でも私に触れて受け取ったものは、その後に活きていますか?
私はあなたたちから、沢山のものを学び、受け取りました。
文章にも、演技にも、もちろん学問や教えることにも活かさせてもらっています。
本当にありがとう。
…一度、思いっきり泣こうかなあ…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
何かが終わって(自分の中で終わらせて)、気持ちをリセットしたり、自分を見直したりするのってパワーいる。
それが人生でも恋でも生活でも、あらゆる面でね。
キレイに澄んだ状態になれる方法に「思いっきり泣く」があると思う。
泣くのは、体にも心にもいいんだって。
泣きたい時に泣いておかないと、泣きたくても泣けなくなっちゃうんだそうです。
悲しくても寂しくても、涙が出てこなくなるなんて怖い。
泣きたいときには泣いてね。
まずは、それから。
その後の事は、それからでも遅くないよ。うん。
みぃ
2006/03/06 19:45
こんばんは。こういうことがあると自分のみなおしの機会ができますよね。そういう意味ではポジティブに考えるのも良いと思います。最近は悲しい時自然に涙がでてきて随分感情的だなあとおもう自分に感激しています。自然が一番ですよね。
kj
2006/03/08 21:52
 くだんの劇作家より一言いただいてきました。
 「落ち込んでる暇なんかあるかぁボケぇ!」
だ、そうです(苦笑)
 普段、落ち込んでばかりいる人の言葉とは思えないのですが、
「やる事・やりたい事がある以上、楽しんでいこうよ。どうせ
宿業から逃れられないんだから」
とも。
 どんな事にも楽しみを見いだす事ができるのが人の強さです
から、楽しい事だけ考えていこうというところなんでしょうか。
 鳥は飛び立つ時に屈むものです。さぁ、凛姐! 一緒に屈み
ましょうか! ……ヤンキーの格好でもして(笑)
PIP
2006/03/09 03:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
才能・才覚の棚卸し、のようなもの  凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる