凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS うれしい!感想

<<   作成日時 : 2005/12/22 11:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

まずはコメント御礼
TAIさま、ご来場ありがとうございました。
作品内のセリフじゃありませんが、初めてリアルで「やっと、会えたわ!」
ネット上でお話しするだけでしたから、不思議な感じ。
ほんとに全身全霊かけていた作品なので、その姿を見ていただけることがなによりうれしかったです。
結構いい女だったでしょ?(^_-)-☆

hachiさま、お近くならば是非見てくださいと申し上げたのですが。残念。
読んで興味を持って見に来てくださる方があれば、とアップしていた稽古ブログですが、
見られない方のお楽しみにもなっていたとすれば、望外の幸せです。
エロい話でアドリアーナのイメージ崩してたらごめんなさい(^^ゞ


さて、役者が誰のために演じているかといえば、やはりご覧くださるお客様のため、
吹替えのオンエアの後もそうですが、舞台でも、
TAIさまのコメントのように、感想を(特に楽しかったという言葉を!)いただけるのが、最高にうれしいのです。
今回の舞台も、完全理詰めの話でなく、ファンタジーで哲学的なものもあったので、いろいろな感想をいただくことができました。
「最後に出てきたダンナが美都(私)を殺したの?」とか、「風太郎の霊に呼ばれて交通事故死した美都を夫が探してる」とか。
一番笑ったのが、「強力な地縛霊が海の底から化け猫と一緒に主婦を強力に呪い殺して仲間に引き入れた」ってやつ
(見てない方、筋をご存じない方解りませんよね、ごめんなさい)センスいいぞ!たしかにその通りかも!(^_^;)

感想は、どれもどれも、とてもありがたくうれしいものですが、
今回特に(今私のところに届いた中で)うれしかったものを二つ、ご紹介します。
(私信や個人的な話の一部をこうして公開する事をお許しください)

一つは、舞台のプロ、演劇に長く携わっていらした方のメール。
直接お目にかかるのは、実は初めて。前回の舞台を見てメールを下さり、文通?が始まりました。(風太郎と美都みたい(^^♪)
戯曲に、演出に真摯に作品に向かっている、と。戯曲が求め、演出が求める表現を細かな表情も含め演じていた、と。存在がリアルで、あの空間の中に生きていた、と…
うーん、誉めすぎ。でもうれしい。私たたかれて這い上がるより、おだてられて木に登るタイプなので(^^ゞ
「掻いてほしいところを掻いてやれ」といいますが、作り手側の見てほしいところを見てくださっている感じ。
その上で、あそこはどうしてそうなっているの?という質問、指摘が来る。
カンパニーの中にはなかった視点を新たに得て、勉強になります。ありがとうございます。

そして、もう一つは…
バイト先(学習塾)の上司。私の、だけでなく、芝居というものもみるのは初めて。
劇場内でどうしていたらいいのか、とか、飴なめたりお茶飲んだりしていいの?なんてことまでレクチャーしての初観劇。
楽日に見て、翌日勤務に戻った私に電話をくれました(その日は勤務教室が別だったので)
どうしてそうなのか理屈が解らない部分はあったけど(メルヘンなので、理詰めでは破綻していると感じてしまうところもあるのだろう)とてもいいものを見た気がする。
見に行ってよかった。楽しかった。
時間を忘れていて、終わり間近にそういえば結構時間経ったんだろうなとふと思ったが、夢中になっていて全く気にならなかった。
あれだけの分量のものを覚えて、見ている人間を引き込んであれだけの時間そらさないというのはすごい。
いつも、何年も見ているCさん(私の本名)と全然違って、とてもびっくりした。今度顔を見るときは、なんだか照れてしまいそう…

かなり興奮して、いろいろと話してくれた。
私は塾にいくときは女の部分をおいていくし(化粧もちょっとだけ、聞かない生徒には男言葉を使うことも多いし、年齢は825才とか言っている(^^ゞ)
今回は逆に「女全開」をしていたので、驚くだろうなとは思っていたけれど、
本当に楽しんでくれた感じが伝わってきて、最高にうれしかった。
塾講師というのも、生徒の集中をそらさずに楽しませ、覚えさせていく仕事だから、
パフォーマーとしての資質が絶対に必要だ。彼もそういう仕事をしているから解るのだろう。
「また何かあるときは、絶対いくよ、いいもの見せてもらった」といってくださった。
演劇(観劇)素人の言葉だけに、飾り気がなく、かえって聞いたこちらが感動してしまった

両極端の方の感想だけれど、どちらも本当に本当にうれしかった。
こんな言葉があるから、仕事がなくて辛くても、なかなか認めてもらえなくて悲しくても、
何とか立ち上がって、次に進んでいこうと思うのだ。
皆様、本当にありがとうございました。
微熱の箱―み群杏子戯曲集
微熱の箱―み群杏子戯曲集

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ。お邪魔します。
ブログ読ませていただきました♪
努力を重ねているんですね。
頑張ってください☆
また寄らせていただきますね。


よろしければ遊びに来て下さい。
http://r-bl.com/?ha
(もう一つ)
http://r-chatgirl.com/?ha
お待ちしてます、ではでは。
ラブろー
2005/12/22 12:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
うれしい!感想 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる