凛の、ちょっとした思いつ記

アクセスカウンタ

zoom RSS 現代伊系米人と昭和初期日本人

<<   作成日時 : 2005/06/21 00:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像
どちらが私に近いのか。
現代のイタリア系アメリカ人と、昭和10年ごろの日本人。

今芝居の稽古をしています。本番まで一週間。
シアターΧ名作劇場、田中澄江作『遺族達』。日本の秀作短編劇の連続上演企画の一作です。
舞台は昭和10年頃。私は29歳の里帰り中の若奥さんというところ。
当然、和服
約一時間の作品中、ほとんど正座しっぱなし
着物での所作、なんとなく板につかないというか、さまにならないというか。
(子どものときからのバレエの体なので、ドレスの動きは自信あるんだけど。
そりゃ、日舞だって一応かじりましたがね)
それに、言葉
「なにさ」とか、「〜なんだから、駄目」とか…今では口に馴染んでいない言い回しが沢山。
あちこちにトラップ潜んでいて、セリフ怖いです。

スカートやパンツルックで、ヒールを履いて、椅子に座る生活。なんて楽チンなんでしょう。
日常的にドンパチしたりはしないけど、明らかに今の私たちは、ソプラノズの世界のほうが近い
アドリアーナに入るときには感じない違和感に苦しんでます。

でも、同じ日本人。きっと、根っこに今の私と同じものが流れているはず。
がんばります。
東京近郊の皆様。
慣れないもろもろのことに四苦八苦して、ヒーヒー言ってる「生の凛」を、
是非是非見にいらしてください。
(キーキーいう感じの役なのは変わらないかも。それは私の役どころなんで…きっと)

公演詳細、チケットお申し込みはホームページへよろしくお願いいたしますm(__)m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 大変です凛さん! どこぞの意地悪いトラップ好きの劇作家が手を叩いて笑っているらしいです(笑)
 まぁそんな「役者がのたうつ姿が大好き」な人の話は置いておくとして……。
 確かに和物、凛さんにとって強敵かも。
 せめてものすくいは今回の名作劇場、方言物では無い事でしょうか。
 本番直前です。体調管理に気をつけつつ、につまらない事をお祈りいたします……。
PIP
2005/06/22 12:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
現代伊系米人と昭和初期日本人 凛の、ちょっとした思いつ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる